アンドレアシェニエは、7月1日金沢競馬6Rで競走中止し、この世を去りました。
このニュースが北國新聞のwebページに掲載されたのは、日付をまたいだ深夜でした。
2日の午前中には、金沢競馬オフィシャルページにあるアンドレアシェニエ特設サイトで報告がありました。事故発生から公式発表まで、彼のファンは情報を求め、webを彷徨ったことと思います。私もそうでした。無事を信じたい気持ちもありましたが、レース映像の止まり方は絶望的でした。本当に残念です。
最後の地・金沢では8連勝を見せてくれました。強かった。
そして、いつしかオグリ産駒最後の現役馬になっていました。それも運命だったのでしょう。
ここ最近、彼が走るレースが他の誰のレースより楽しみでした。
走るのが楽しみ・・・こんな素朴な気持ちにさせてくれると言う事が、
名馬の条件のひとつではないでしょうか。私にとっても忘れえぬ馬となりました。
お別れは淋しいですが、安らかに。。ありがとう。さよなら。

 

アンドレアシェニエ

東京競馬場 2005

 

 

Comment

  1. M より:

    長生きさせてあげたかった~・・・ もう、それにつきますね。
    それ以上言葉を探すと、あまり良い言葉が出て来ないから。

    アンドレアシェニエ、ありがとう!
    あなたがいたことを忘れません。
    またいつか、会いましょう!!

  2. マツ より:

    >Mさま
    書き込み有難う御座います。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)