新しい趣味に没頭しておりました。

昨年夏辺りからですから、ちょうど一年くらいでしょうか。新しい趣味というと、今更感満載ですが、”デジカメ蒐集”に傾倒しておりました。とうとうマツも壊れたかとお思いになるのは早計、ご安心を。借金に借金を重ね、出てくる新製品を片っ端からなで斬り。。てなことは、したくともできません。

蒐集と言っても、そこは安サラリーマンですから、中古です。さらに言うならば、中古といってもその中心は「ジャンク」です。ジャンク遊びを覚えたアタイ。。ま、壊れかけていることは間違いないかも知れません。 以前から、ジャンク品というものに興味がありました。イメージは”安い”・・・です。他には玄人の趣味。ヲタ。きっかけは話すと長くなるので、簡潔に言うと、古本趣味・中古ゲーム趣味→ブックオフ→ハードオフ…です(過程はご想像にお任せします)。

あらためてジャンクとは何かウィキってコピってみると、

「ジャンク品(ジャンクひん、英語:Junk、故障品と同義)とは、そのまま使える見込みがないほど故障・損耗して、製品としての利用価値を失っている故障品。ゴミ。」

だそうです。ゴミとまで言われれば、こちらも本望です。お陰で数百円くらいから落っこちてます。ゆえに蒐集・・・買い漁れるわけです。中古カメラショップ、リサイクルショップが漁場です。一年間続いたこの趣味も、最近は停滞気味です。

何でもいいから拾ってくる→吟味して拾ってくる→欲しいものが落ちてないので収穫も無い→若干高めに手を出す(今ここ)→上がり・・・という流れをたどって、きっとこの報告の最後には、この趣味終了とお伝えできると思います。飽きてきたっていうのが、本音です。。

昨今の高級志向の流れのなか、安くて魅力的なガジェットは現れず、それだけ市場が成熟しつつある中で、いかに物欲を消化するかの答えが、この集古デジカメなのかなと言い訳を考えております。そして、ワタクシ、つくづくカメラが好きなんだなぁと実感しております。写真よりもw。。そんな私の釣果に少しの間、お付き合い下さい。

つづく

01趣味

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)