さて、引き続き新品で購入したカメラのお話です。

ほとんど不満のない初代キスデジと「さよなら」したのには理由がありました。それが、2005年4月29、30日に笠松競馬場で開催されたオグリキャップの里帰りセレモニーです。
オグリファンにとっては、競馬場にいるオグリキャップを写す最後のチャンスかも知れないビッグイベントです。ここは万全を尽くしたい。人事を尽くしたい。と考えた時に、体調管理やらスケジュール調整やら色々ある中で、「確実に写せるカメラを」と考えるのは、カメラ好きとしては当然の帰着であります。えぇ、当たり前ですw。

白レンズを購入した自分にCanon以外に選択はありません。2004年9月18日発売 EOS 20D。これしかありませんでした。
20D購入に際して、キスデジを下取りに出しました。買い替えキャンペーンでもあったのかな?確かな記憶はありませんが、初めてカメラを売ったのがこの時でした。何しろ20Dは200K!おいそれと買えるものではありませんので、キスデジを残してもう一台とはとてもいきませんでした。
フィルムカメラはまだ持っていましたが、自分のカメラの体制としては、デジ一1台、コンデジ1台(Pro90IS)となって安定感を感じたものでした。
でも、これって、なにかマスコミの刷り込みというか、サブリミナル的な固定概念で、素人には、メイン・サブなんて意味が無いということに気づくまでにはまだまだ時間が必要でした(ワタシ的には)。

とにかく20Dをいきなり実践投入での笠松参戦でしたが、期待通りのパフォーマンスに大満足でした。ピントの自動追尾もまずますで、連写で的中率を稼ぐことで、そこそこの打率は稼げました。
なんにしろ、オグリキャップが目の前にいて冷静にシャッターを切れるほど、度胸もないので、とにかく夢中でした。

2014

2014

 

コンデジ→エントリー機(入門機)→ミドル機(中級機)と、絵に描いたようなステップを辿ったことになりましたが、この辺は神経質な気質のなせる業かも知れません。
20Dはスタンダードでは地味な発色だと思います。この辺は人それぞれの感じ方があると思いますが、私はそれが優しくて好きです。たまに彩度を上げますけど。。
とにかく、こと画質に関してはオールタイム・ベストワンです。大好きです。APS-Cに800万画素はベストなのかもしれません。
2014年時点で10年目に突入した20Dとの付き合いですが、今も元気です。一度シャッターユニットを交換しましたが、結果としてそれも長寿に一役買っているかも知れません。
昨年、断捨離断行の際に、久しぶりに20Dの入っていた箱を見つけたのですが、買った当時の感激を思い出しましたよ。本当に嬉しかったなぁって。。あの頃は若かったなぁ。。

不満は99%ないです。満足度99%。起動も素早いし。。ひとつだけ・・1%の不満。それは、シャッター音です。ミラーの音だと思うんですが、とにかく大音量w。
初代キスデジを2014年に再購入してシャッター音の大きさに驚いたのですが、20Dも負けておりませんよ。何と言っても、パドックで馬が振り返るw。。。
るーさんの40Dは品のある音がします。これが正統進化の結果なのですね。Canon偉いね。

20Dは購入から2年間、競馬撮影の主力として活躍してくれました。2007年夏に憧れの1d系を導入し、競馬撮影から引退します。
蛇足ですが、2007年は私の馬券史上最高の当たり年でした。特に春のGIで好調でした。白眉は第12回NHKマイルC。ピンクカメオが17番人気で優勝し、当時TCK所属だったウッチーの初GI制覇となったレースを穫れたのは嬉しかったです。その他なんやかやを元手にして1d系を入手出来たのは幸運でした。
これがなければ、まだ20dで頑張っていたかもしれません。なぜなら、2007年以降、馬券の大当たりはないんですから。。とほほ。

競馬撮影から引退した20Dですが、稼働率は所有している全カメラの中でトップです。
散歩カメラに最適。さらにレンズ遊びの母艦として活躍してくれます。M42マウントを集めているのですが(と云って4~5本くらいですよ)、すべて20Dで使うことが前提になります。
さて、上の写真で合わせたレンズはヘリオス85mm(M39)。これは集古デジカメ以前にKING2さんで購入しております。
今はブラックの流通も多いようですが、私が懸命に探していた頃には銀の出物も少なかった時期でしたので、ブラックが羨ましいと思いつつも銀で我慢しております。夏の炎天下ではギラギラします。
プリセットの絞りも使いやすく、ピンが合ったところはシャープです。
私の個体だけかもしれませんが、黄色い風景が写ります。そして、グルグルボケがたまりません。。手放せない1本です。ヘビー級ですけどね。

2014

2014

古い写真ですが並べてみました。

 

2010 東京競馬場

2010 東京競馬場

ぐるぐる。

2010 東京競馬場

2010 東京競馬場

発売当時は高感度でもノイズレスが特徴だった20D。今でも全然イケテマスな。

2010 東京競馬場

2010 東京競馬場

MFなので動き物は大変です。

2010 東京競馬場

2010 東京競馬場

トキノミノル像。

2010 東京競馬場

2010 東京競馬場

最後にレンズを変えて、EF70-200で、うまたせ君。。

2005 TCK

2005 TCK

 

20Dがもし壊れたら、また20Dを探す旅が始まると思います。いまから予備機を探しておくのもいいかもしれません。
これを執筆時にはこの集古デジカメという趣味を終了しています。ターゲットを絞って彷徨って見るのも一興ですね。今度はジャンクではなく新同品で。。。

つづく。

 

 

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)