2014年11月で完了したデジカメ蒐集でしたが、なかなかすっぱり止めるというのは難しいようです。一番の理由は探しても探しても見つからなかった機種がいつまで経っても気になるからだと思います。それでも、譬えばCONTAX tvs DIGITALなどは以下の理由で諦められました。ひとつは値段が高い事、そしてCCD不良問題があること、最後に代替機が見つかった事です。自分でも不思議なのですが、かなり縁遠い代替機でも納得すれば満足出来、本当に欲しかった機種を諦められるというお得な性格があることです。何せKYOCERA Finecam S3で我慢出来ているんですぜ。エスプリが理解できていないと言われれば、そうなのかもしれません。イズムやフィロソフィーに則って蒐集をしているわけではなく、デジカメが好きで集める行為が好きというだけなので、自分が納得出来ている内は問題無いのです。だから、PanasonicのLUMIX LC1なども代替機でOK出来ております。今や、欲しい物を手に入れられる一番効率のよい方法はオークションだと思います。私も実際にオークションで数台購入しましたが、オクはどうも性分に合わずID削除してしまいました。特にトラブルは無かったのですが、出来れば普通にショップから購入したいというのがこだわりと言えばそうかもしれません。探す楽しみもありますしね。

で、最近ずっと気になっていた機種がwebにUPされました。富士フィルム FinePix S7000。7Kと高額だったのですが、これが最後と購入に踏み切りました。何故この機種が気になっていたかというと、私がFinePixのファンとなるきっかけだったF610と同じ撮像素子を積んでいたからなのです。コンデジはレンズを交換できませんから、好きな撮像素子で別のレンズを楽しむことはよほど特殊なことをしない限り不可能です。それが、この様に古デジカメでは情報さえ手に入ればある程度可能となるわけです。商品は発注から中一日で無事到着。スレなどみじんもない美品でした。ところがいざ起動させるとフリーズして動きません。起動画面から先に進めないのです。可動品との事だったので期待していたのですが、これには凹みました。ネットでは全く同じ症状で修理されていた方もおられたので、この機種の弱点なのかも知れません。残念ながら、到着後1時間ほどで返品手続きです。取引先のショップからは返金対応していただきました。カメラは返品には及ばないというメールが来たので、今でも我が家にいます。ただのオブジェですけど。。

2015

2015

こういった事はこの趣味にはある程度付き物だと考えております。不動品が溜まっていくものなのです。。そしていつかのニコイチのためにとって置くわけです。それにしても最後と思って買ったものがこの結果だったので、もうすっかり蒐集をするのは止めようと考えるようになればいいのですが、元来払ったキンスが戻ってきたわけなので、別の気になっていた機種へ投資してしまいました。それについてはいずれ紹介する機会があると思います。・・・あるはずです。。あればいいな・・。実はまだ届いていないのです。果たして今度こそ最後の1台となってくれるのでしょうか。。。え?そんなことより、最後の1台にするつもりがあるかどうかが問題ですって?大丈夫です、「これで私の古デジカメ蒐集狂想曲は終演となりました」と書く日も近いはずですから。。

つづく。。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)