記念モデルや限定ヴァージョンという枠組みは商魂を感じるが魅力的なものだ。そして大抵は高価だから手にすることはない。振り返ってみても私は一度も買った事はないのだった。FinePix F100fdはリサイクルショップのジャンクのガラスケースで見つけたのだが、不思議な事に数箇月間売れずにいた。見た目も綺麗で元箱も付いて1.6Kだったが、平凡な見た目が拾い上げられなかった理由かもしれない。私は出会ってから確保までの期間に縦型FinePixの魅力にのめり込んでいったので、新しいFinePixにも興味を持ち始めていたのだ。確保した後に知ったのだが、このCAMERAは地味に「FinePix誕生10周年記念モデル」だったのだ。フィルムメーカーらしく従来比4倍のワイドダイナミックレンジを実現した機種らしい。10周年のロゴくらいはあっても良かったのではないかと思うが、初めての記念モデルと言う事になった。

2014

2014

筐体は実に立派だ。背面の十字ボタンがホイール式でそこは華奢な感じを受けるがその他はしっかりした作りである。液晶も大きい2.7インチ。大きめの1/1.6型CCDハニカムは好印象だが、そこに1200万画素詰めむ。LENSは35mm判換28~140mm相当のf3.3~5.1フジノン。広角側は歪曲収差が目立つが、処理エンジンに補正され、ある程度は見られるようになる。バッテリは専用で、メディアはSDとxDのダブル。FモードメニューにF-クロームが用意されている。今回の写真はすべてF-クロームで撮影した。

2014

2014

カメラ雑誌を買わなくなって久しい。唯一買っていたCameraMagazineも体裁が変わって買わなくなった。CameraMagazineを購入していた理由は写真が美しいからだ。それは紙の質感が良いからだと思う。多くのカメラ雑誌は、さほど紙にこだわっていないように感じてしまうのだ。いや、実際は試行錯誤の結果だろうとは思うが、週刊誌のグラビアと差はない。よく写真はモノとしての質感を大切にしているというような事を説明する写真家が多い様に思うが、そうした観点から見るとカメラ雑誌の誌面は物足りないだろう。

2014

2014

私の写真はwebが最終形なので質感にこだわったことはないが、そんな私が他人の写真の紙質を気にしているというのも可笑しな話ではある。ただ、少しでも良い物が欲しいのだろうと思う。良い物を作るとコストに跳ね返る。漱石先生は何でも良い物を使おうとする岩波を嗜めて表紙を良くしたら中身を落とすなどしないと儲けが出ないと忠告したらしいが、良いものを売るというのは何時の時代でも難しいのだろう。

2014

2014

写真を見るには個展も良いが、写真集の方が好きだ。思い入れのある編集者が作り上げた写真集は見ていても気分が良い。勿論、欲しい物を全て購入するわけにはいかないので、図書館を利用している。その中で本当に気に入ったものを余裕がある時に買うというのが私のスタイルとなっている。なので数冊しか持っていないが、その内の3冊を軽く取り上げてみよう。

2014

2014

一番のお気に入りはYann Arthus-Bertrandの「HORSES」という馬の写真集だ。欧州では「Chevaux」というタイトルで発表されている。美しさという点で図抜けており強さすら感じる。時間と手間を十二分にかけた力作でもある。やりたいことを全てやりきったという感じが伝わってくる。Yann Arthus-Bertrandの写真集には猫を写したものもあるようなのだが、まだ実物を見たことがないのは残念だ。

2014

2014 東京競馬場

2冊めは中平卓馬さんの「サーキュレーション – 日付、場所、行為」。これは図書館で何度も見返した。図書館に行くと毎回手に取った。最後には自分のものにしたいと思い購入したのだった。とにかく恰好いいのだ。この写真集はそれだけで十分だと思う。図書館では写真しか見ていなかったが、購入後は解説も読んだ。プリントが金村修さんだと知って納得した。こんな豪華な組み合わせでは恰好よくなるしかない。

2014 東京競馬場

2014 東京競馬場

3冊目は小島一郎さんの「小島一郎写真集成」。1964年に若くして急逝した写真家を偲ぶ回顧展が2009年に催され、恐らくはその時に刊行されたものだと思う。とにかく丁寧に作られているのだ。2014年に、生前唯一発表された写真集「津軽」が復刻され気になっている。美しく寂しく、力のやりどころを探しているように感じる写真たちが収められている。

2014 東京競馬場

2014 東京競馬場

この3冊に共通しているのは所有欲を満たしてくれると言う事だ。つまりは満足出来る出来栄えなのだ。それは写真の事ではなく(写真は言うまでもなく良いのだから)、モノとして満足出来るのだ。

2014 東京競馬場

2014 東京競馬場

最近のDIGITAL CAMERAはハイエンドが流行りでモノとしての満足度も高い。中でも目を引くのは富士フィルムだと思う。本当に美しい写真機を作っている。使い勝手や技術面はよくわからないが、外観は素晴らしいと思う。これはハイエンドという潮流に乗ったというよりは生来のモノ作りに対する姿勢なのかも知れない。

2014 東京競馬場

2014 東京競馬場

勿論様々なモデルがあるが、縦型FinePixや本機を見るにつけても丁寧に作っていると感じる。私の古デジカメ蒐集は闇雲に拾い上げる時期があって、その後慎重に選ぶ時期があり、最後は良い物を探す時期へと変化していった。本機はまだまだ闇雲時代のものではあるが、後期に出会ったとしても確保したろうと思うのだ。

2014 東京競馬場

2014 東京競馬場

気に入ったCAMERAは競馬場へ連れて行く事が多い。本機は見た目も現代的で場の雰囲気を乱すことはない。周りに違和感を与えないデザインだと思うのだ。

2014 東京競馬場

2014 東京競馬場

モノとしてある程度満足できる機種を持ち歩くのは快感だ。撮影結果がついてきてくれれば尚良い。

2014 東京競馬場

2014 東京競馬場

本機のF-クロームは独特なザラザラ感がある。これを見て馬を写してみたいと思ったのだ。

2014 東京競馬場

2014 東京競馬場

何処か懐かしい雰囲気を感じる描写をしてくれたが、動きモノはやや厳しい。晴天下でもう一度試してみたい。

2014 東京競馬場

2014 東京競馬場

前述のダイナミックレンジ4倍というところが影響していると思うが、暗めに写るようだ。それがF-クロームと相まって濃い発色になるのだろうか。落ち着いた感じも受ける。

2014 東京競馬場

ワンボーイ 2014 東京競馬場

フレンチデピュティ × モスフロックス(サンデーサイレンス)の牡馬。。

2014 東京競馬場

キンノシャチホコ 2014 東京競馬場

トーセンダンス?× トーハルミツル(ジェネラス)の牡馬。尾花栗毛。。

2014 東京競馬場

2014 東京競馬場

トキノミノル像。

テレ端で140mmあるので競馬場でも十分使えた。良い物を集めているという実感があるとコレクションは楽しい。他人のために蒐集しているわけではないので、自分が満足できればそれで良い。この感覚は写真に似ている。写真は自分の感覚をそのまま伝えられる事は極めて少ない。どう受け取るかは受け手側の自由だからだ。何かの賞を受けた作品の解説を読んでも、ピンと来ないことが多い。そういう写真だったの?と思うことがよくある。写真の真の意味は写した本人にしかわからないものだし、受け手の数だけ写真は存在するのだ。このCAMERAが銘機だとは言わない。そう感じている方もおられるだろう。私はただ、FinePixが好きな私が「FinePix誕生10周年記念モデル」を拾ったという、その偶然だけで十分なのだ。

つづく。。

 

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)