以前、Polaroid t830を紹介した時に、Polaroid t830はビックカメラオリジナルという肩書を持つのが気に入らず、本当のPolaroidが欲しいとワケのわからんことを書いてしまったが、では本当のPolaroidって何かと考えると、なかなか結論が出ないのだ。企画から部品の制作、生産まで社内で行われたものが本物としてしまうと、この世に本物などほとんど無いと分かる。なので、普通に何の肩書のないPolaroidを探していたのだ。ネットではそこそこブツがあるが、輸入品のため高くて手が出ない。で、徘徊コースをめぐる度に、気にしていたのだが、見つかるのは、t830ばかりという皮肉さで、結構売れたのかな?と思ってみたり、いっそもう1台確保してみるかと考えたりで、幾星霜。。ってほどではないが、或る日、もやもやにピリオドを打つ事ができた。リサイクルショップのいつもはあまり見ることがなかった中古レンズの並んだガラスケースの奥に、Polaroidとプリントされた箱を発見。何故レンズのコーナーの奥にデジカメが置いてあるのかわからないが、これは発見しづらい。値札も見えないので、店員さんに言いつけて出してもらった。それが今回紹介するPolaroid iZONE 550。

2015

2015

値段は1.5kと微妙。どうやら未開封品らしく、ビニール袋を破らないと中身が確認出来ないのだった。それはそれで好印象だったが、見ての通り、トイデジだよね、これ。箱の中身はクレイドル、シリコンのボディスーツ、イヤフォン(MP3再生機能があるのだ)、それにストラップとオールインワン的な布陣であった。

2015

2015

写りは全く期待できないなと思いつつも、念願のPolaroidなので結局確保した。撮像素子は1/1.8インチ500万画素CMOSと小さいボディ(7センチ角ほど)のわりには大きめの撮像素子が搭載されている。レンズはf=8.54mmで換算50mm前後かな?と言う感じでF3.0。2.0インチの液晶はトイデジらしくノイジーで、安っぽさ全開である。

2015

2015

フラッシュは使わないけれど、この位置にあると指が掛かりそうだな。バッテリーは内蔵されており、バラさない限り交換は出来ない仕様。メディはSD。

2015

2015

写りはネガフィルムのプリントをスキャナしたような感じで意外といいなと思う。ただ、トイデジとしては少し中途半端な感じで、振り切っていないところが残念なのだ。

2015

2015

半押しもないので、ただシャッターを押すだけなのは潔いが、正直な話、写真をとっている感は少ない。背面液晶は晴天下では何も見えないレベルで苦労した。

2015

2015

要するにお手軽なトイデジと言った風情なのだが、こういうコンセプトのカメラって逆に構えてしまって、何撮っていいのかわからなくなることがあるな。とりあえず空を撮ってみたりしてしまうのだ。周辺はいい感じに落ちる。

2015

2015

ピンの合う最短距離が1mのパンフォーカスレンズなので、近いものを撮ってぼかすとポラっぽいかもしれない。Polaroid探しはこれにて終了だな。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

最後はトイデジっぽく遊んでみた。食い足りないところも含めてトイデジなんだろうなぁと思う。

つづく。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)