DiMAGE XシリーズのラストはX1だろうか。そうなるとラス前が本機DiMAGE X60という事になる。2005年5月発売だから、KONICA MINOLTAがデジカメから撤退する前の年。事実上の最晩年の機種となってしまった。このシリーズは小型、軽量、そして高速レスポンスが売りで現在でも、その戦力は見劣りしない。本機も同様で、とにかく爆速とは言わないが、快速である。

2015

2015

 

レンズカバーが起動スイッチとなっており、起動時間は0.5秒。

2015

2015

一瞬で撮影体制に入れる。ただ、すぐ撮影できるかというとそうではない。AFは必ず前後してしまうタイプなので、若干待たされる感じなのが残念。起動から3~5秒という感じ。それでも、どの被写体に対しても一定の時間でピンが来るので、呼吸さえ飲み込めば、快適操作が可能となる。

2015

2015

軍艦部。使い始めの時はよく、モードセレクターを電源スイッチと間違えた。シャッターボタンは小さいなりに横長デザインで押しやすい。

2015

2015

撮像素子は1/2.5型CCDの原色フィルターで500万画素。レンズは換算で38~114mmのF3.3~F4.0。バッテリーは専用のかまぼこ型でメディアはSD。背面写真を撮り忘れたが、このサイズ(83.5×56×22)にして、2.5型の立派な液晶が付いている。光学ファインダーは無い。ホールドはしづらい。手の小さな私でも、収まりが悪い。ストラップは必須。ストラップを使えば、片手で操作できる。ただし、レンズカバーを閉じる動作は私には出来なかった。意外と硬いのだ。

写真を見てお分かりかと思うが、かなりやつれた個体である。値段分だけ使われたという印象。本機は中古カメラ屋のジャンクワゴンで拾い上げた。0.3K。そのワゴンはキレイに並べられたものではなく、リサイクルショップの青箱宜しくかき混ぜ系の販売方法である。何度も書いているが、リサイクルショップならごちゃ混ぜでも仕方ないと思うが、カメラ屋さんの販売なら、ジャンクであっても、もう少し愛があってしかるべきではないかと思う。中古カメラ屋の中には、絶対放り込み式をしないお店も多々ある。頑張って欲しいと思う。

2015

2015

さて、撮影結果であるが、色かぶりは目立つものの、スペックなりの写りではないだろうか。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

以前も話したが、この趣味を始めなければ、屈曲レンズとの接点は無かったろうと思う。色んな収差は目立ってしまうが、小さいということがいかに大きな武器か教えてもらった。屈曲レンズは沈胴式ではないので、強固な作りが可能だ。ホコリも入らない。現代ではその特性を活かし、タフを売りにした防水カメラに使われることが多いようだ。

 

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)