第30回で紹介したCP-920Zは、カビ臭さに負けて手放してしまった。オークションで手に入れたので諦めもついたという感じなんです。やはりオクはコワイなという感想です。ただ、CP-920Zの写りには未練があったので、徘徊する時には常に頭の片隅で意識しながら、落ちデジ拾いをしていたものです。蒐集期間終了宣言後、随分時間が経った或る日、ジャンク専門店の軒先で再開を果たしました(蒐集期間終了後は惰性というか、慣性というか、そんな感じで徘徊がやめられない期間が続きます)。

2016

2016

しかしよく見ると、それはCP-920Zのひと世代前の機種CP-900Zでした。クリソツでんな。。下の画像がCP-920Z。

2014

2014

ボディカラーの違いはありますが、まぁ、おんなじ感じ。ジャンクの青箱の中で出会ったらちょっとわからないですね。ただ、どんよりしたCP-920ZよりはCP-900Zのほうが明るい印象ですかね。

画像はCP-900Zに戻ります。。

2016

2016

まぁ、基本性能は変わらないので省略させていただきますね。このブログで情報を得ようと言う方も居ないでしょうからね。使い勝手の印象の違いは動作が更に遅いと感じました。この時期のデジカメならば前機種と後継機種の差はより大きくあってほしいという願望がそう思わせるのかわかりませんが、遅いです。起動もズームも。

2016

2016

それでも、後継機種同様メニューなどの操作はやりやすいですね。シンプルでわかりやすい。AFや書き込みはそれなりに我慢できる感じですね、私的には。で、探し求めていた描写の方なのですが、こんな感じです。

2016

2016

暗部バッサリは似ていますが、920Zのハイパーモードは偉大だったと言わざるをえないでしょう。今でもよく描写の出来不出来を揶揄する言葉に塗り絵という表現が使われますが、その塗り絵も悪いことではないと思います。等倍鑑賞では不利なのでしょうが、通常に楽しもうと思ったら見栄えが良くて好ましいものです。920Zのハイパーモードは塗り絵チックですが、この900Zのカラカラな描写を見ると、やはり恋しくなります。私の拾った個体に於いては、920Zと900Zは似て非なるものと言えそうです。もっとも、全く同じでは後継機種の立場もないですから、これは当然の結果かもしれませんね。。

2016

2016

いつもの立木も乾いた描写に。300万画素の底力が覗えない。

2016

2016

2000年発売のデジカメですから、頑張っているのかも知れません。IXY DIGITALも乾いていましたしね。。

2016

2016

ただ、使っていく内に気づいたことがあるんですよね。

2016

2016

さっき、920Zとは別物って言いましたけど、似ているところがあったんです。もちろん、私の個体についてですよ。

2016

2016

それはニオイ。

2016

2016

最初はそれほど気にならなかったのですが、徐々に920Zと同じカビ臭さが鼻につくようになってきたんです。

2016

2016

そして、もしかするとこれはカビの臭いではないのではないかと思うようになってきました。これはこの機種特有の加齢臭なのではないか?同機種をお持ちの方、いかがですか?

2016

2016

何しろファインダーがあるので、ボディを顔につけます。そこでテンションが下がります。どうも、電池室あたりからのようです。

2016

2016

原因は結局カビなのかもしれませんが、どうもよろしくない。このブログをお読みの方で、なんだ900Zシリーズは臭いのかとか思われても困るのですが、私の引いた個体はハズレだったようです。。

2016

2016

外観の汚さは我慢できますが、臭いだけは苦手なんですよねぇ。。無念です。2年ほど掛けて探し求めたこの機種ですが、今回で断念です。使えただけでも良かったです。

2016

2016

私はオクを利用してカメラを手に入れたことはありますが、売る気はないですねぇ。なので、すみやかにドナドナなのです。。この辺がコレクターになりきれない一因でしょうね。。でも、いいんです、0.3K分は楽しめましたから。

つづく。。。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)