今回から古デジカメ蒐集最終章、お気に入りシリーズの開始です。
お気に入りの1台目。ポイントは形と写りです。

2016

2016 KYOCERA CONTAX i4R

2004年にCONTAX i4Rが発売されたという事はハッキリ覚えております。美しいデジカメだなと言うのがその第一印象で、指2本でつまんで持てるほど小さく軽い筐体(ざっくり10cm?4cm?2cm)から、性能は大したことないだろう、趣味人が買うものなのだろうと思いました。この小ささにして実売40Kはとても出せませんでした。あくまで当時の私の感想で、その頃の私は、EOS20DやEPSON R-D1、PowerShot Pro1などにアコガレてましたから、この香水瓶のようなデジカメを買い逃したとしても仕方なかったのです。

2016

2016 KYOCERA CONTAX i4R

そんな私も9年後に集古デジカメを始めて、昔気になったデジカメをリストアップする中に本機が入ってきたというわけです。KYOCERAは2005年にCONTAX事業を畳み、カメラから撤退しましたので、本機はKYOCERA最後のデジカメにして、現代においてもCONTAXブランド最後のデジカメになっております。KYOCERAによるCONTAX製品の修理事業も2015年4月に終了してしまいました。
撮像素子は1/2.5型CCDで有効400万画素。レンズは換算39mm/f2.8の単焦点でオヤヂ殺しのCarl Zeiss Tessar T*。ISOは50始まり。SD使用で専用バッテリーBP-760S。本機で特筆すべきはレンズもさることながら画像処理エンジン「RTUNE」ではないでしょうか。Finecamから受け継がれたコイツは連写性能に優れており、本機も3コマ/秒でメディアフルが可能となっております。冒頭で性能は良くないだろうと想像していた話をしましたが、コレこそ使ってみて初めて解る高性能でした。私の言う高性能とは単純なもので、起動が速くて終了も速く、レスポンスも良いというものですから、快適に撮影が出来れば「高」なのです。

2016 起動 ・・・このあとレンズが出てきます。

起動は香水瓶の蓋の部分を持ち上げます。レンズが現れ、その状態からさらに一段持ち上げると起動開始です。終了も同じく蓋部分を持ち上げるとレンズの収納し、あとは蓋を閉じるだけ。このオシャレ動作をする度に思うのが、おっさんが持っていてはイケナイなということです。やはり女性にこそ似合うのではないか・・・と思う反面、今となっては本機に興味が有るのはおっさんだけだろうとも思うのです。世の中ままならぬものです。ま、スイーツ男子とかいう言葉もあるくらいですから、オシャレカメラオヤヂがいても悪くはないでしょう?

2016

2016 背面 カタカナの「カール ツァイス」が恥ずかしい。シールなので速やかに剥がします

背面はわかりやすいボタン配置と小さい液晶。十字ボタン中央の赤が萌ポイントね。この筐体ですから液晶サイズが小さいのは当たり前ですが、映りは実に綺麗です。これは報われないタイプの液晶だなと思いつつ、使い始めました(背面液晶での再生が綺麗なのにPCで確認するとガッカリするパターンね)。ところが本機は意外な撮影結果を吐き出しました。

2016

2016

確かに背面液晶での再生とは違う画なのですが、これがオールドレンズを思わせる浅い発色で実に味があります。それでいてシャープ。好みは別れるところでしょう。ぱっと見、色が薄いが忠実再現なのです。精彩さでは400万画素の限界を感じますし、ノイズも結構乗ります。でも、悪くない。

 

2016 シベリア

2016 シベリア

近所のスーパーで安売りしていたシベリア。ワタクシの好物です。シベリアの醍醐味は、こんなに大きな羊羹を丸齧りしているという罪悪感を伴った快感にあると考えております。一切れ食べた後に、写真撮ろうと思いたち、オシャレ動作をしてシベリアを写す昼下がり。

 

2016 TCK

2016 TCK

この1枚は本機を象徴する1枚。浅い発色でカリカリの描写です。この可愛い丼はG-FRONT 1Fの DON94の もつ煮込み丼。まいうー出ます。しかもボリュームもあり。左は定番うずら卵串。単純に好きなんです。

 

2016 TCK

2016 TCK

デザートはスイーツステーブル真ん中・ボナペティさんのうまかったい焼き・・・はスルーして、削り苺&ホイップクリームと削り苺&練乳。流行りものに乗っかってみました。逆光ですが綺麗に再現してます。マクロは最短5cmまでいけます。

 

2016 TCK

2016 TCK

味のある遠景の描写。

 

2016 TCK

2016 TCK

浅い発色は、色かぶりなイメージです。でも、私は補正しないままが好みですね。場面や意図によるでしょうけれども。

 

2016 TCK

2016 TCK

うちわ。大井・夏のマストアイテムで毎年配ってます。こちらは色かぶりも気になりませんし、肌の再現も好ましいですね。人を写すのにも向いてます(こういう言い回しってよく見かけますけど、一般の人は大抵人を写しますよね。それでも変な色になってしまう古カメラがあるのですから、わざわざこういう言い回しになってしまうのは仕方ないのです。現代ではスマホやiphoneで十分キレイな写真が写せますから未来に来たなって感じがします)。

 

2016 TCK

2016 TCK

最近お目見えの吹き出し付うまたせ君。あちこちに設置してあるようです。ちなみにうまテラは懐かしいお味で大人は間違いなくホッコリいたします。

 

2016 TCK

2016 TCK

ポスター。かっこえぇ。使い終わったらご自由に持って行って・・・って、してくれないでしょうかねぇ。。。。本機は小さくて、写りはシャープなので、メモ代わりに持って来いですね。

さて、お馬。

 

ノープrグレム 2016 TCK

ノープロブレム 2016 TCK

シャープな描写とサラブレッドは相性が良いので、気分が良い写真になります。等倍で観なければ無問題。

 

ノープロブレム 2016 TCK

ノープロブレム 2016 TCK

ダイワメジャー ? エヴァンタイユ(Lear Fan)の牡馬。青鹿毛。藤田輝信厩舎 (大井)。生産・千歳市 社台ファーム。モビール 、ストロングサウザーの下。

 

ナイトスピリッツ 2016 TCK

ナイトスピリッツ 2016 TCK

アドマイヤコジーン ? ワールドレデー(タヤスツヨシ)の牡馬。鹿毛。的場直之厩舎 (大井)。生産・新冠町 川上牧場。

 

2016 TCK

ナンシーファミリー 2016 TCK

タイムパラドックス ? リードハイシ(スターオブコジーン)の牝馬。栗毛。三坂盛雄厩舎 (大井)。生産・日高町 小西ファーム。

 

2016 TCK

メイクマイチョイス 2016 TCK

アサクサキングス ? トップチョイス(Cryptoclearance)の牝馬。鹿毛。蛯名雄太厩舎 (大井)。生産・千歳市 社台ファーム。

本機は使って初めて良さの分かるカメラだなと思います。その見た目から、これほど写るということは、なかなか想像出来ませんでした。古デジカメ集めの醍醐味、変な形なのに良く写る・・・を実現している楽しいカメラ。小さいので何処にでも連れていけるのも良いですね。ただ、不必要にオサレなんですよねぇ。。。

つづく。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)