カメラを落とした経験はあるだろうか?
私は過去に2回、落とした事がある。1回目は7~8年前に北海道の牧場で、ポケットに入れていたはずのGR DIGITALを知らない内に落としていたのだ。なので、落下の瞬間は見ていない。地面は土と牧草なので音も聞こえなかった。幸い同行していた方が見つけて届けてくれた。その方に「これ、マツさんのですか?」と尋ねられるまで、落としたことに気付かなかったのだからお目出度い。
2回目は今年の事だ。落としたカメラはFinePix F700。コイツは中野のジャンク屋で見つけた文字通りのジャンク品だった。スペックジャンクであると共に筐体の前胴と後胴の合わせ目が密着しておらず、何か見えちゃってますって状態のものを0.5Kも払って拾ってきたのだ。ジャンク品の価格設定はまったくもって曖昧だ。身体が割れている商品を0.5Kって、普段ならまず拾わないだろう。この機種は蒐集を始めた頃は結構出物があったのだが、いつもの徘徊コースで何度かスルーしている内にすっかり見かけなくなったので、実は密かに(する必要もないけど)探していたのだ。そういう状況の場合、まずは確保する事が目的となり、正しい判断は出来なくなる悲しいコレクターの性分が出てしまう。我に返った時には価格に見合わない一品を持ち帰っていたのだ(気絶と言う)。自宅で詳細に観察すると、アルミの筐体が変形していたので、バラしてガワの形を整えて組み直した。若干の浮きは残ったが、なんとか見られる程度には復元出来た。それをそのままフローリングの床に落としたのだ。高さにして40cmくらいだろうか。再びパックリと合わせ目が開いてしまった。弱すぎやしませんかというくらい簡単に変形した。仕方がないので再びバラしてガワの整体に挑むも、被害の度合いが大きく完全復元は諦めた。自分でトドメをさした事になる。ジャンクのためにいろんな道具を揃えたが、筐体の整形に関するものは意外にも蓄積がなく、ただ傷を増やす結果になった。仕方がないので、瞬間接着剤で止めた。良くないのは分かっているが、使えなくては仕方がない。背に腹だ。

2015

2015

というわけで、カメラのコンディションは良くない。もともとレンズ周りのプリントはかすれ、ボディに打痕が残っていた。

2015

2015

さらに接着剤跡も痛々しい(私の雑な仕事です)。

2015

2015

それでもこれが私にとって初の横長FinePix。横長のデザインにレンズの位置が中央よりの微妙なバランスで、落ち着かない感じがする。横方向にゆとりがあるので、ホールド感は良いが、なぜか落としてしまったw。前面グリップにラバーがあると更に良かったかもしれない。撮像素子は1/1.7型 スーパーCCDハニカムSR 原色フィルターで、これがこの機種の売りであった(2003年発売)。ポイントはSRと言う部分でカタログでは620万画素(S画素:310万画素 R画素:310万画素)と言う表記になっており、通常レンジの素子と白飛び防止の素子を組み合わせ高ダイナミックレンジを実現したというフィルムメーカーならではのこだわりのCCDらしい。とは言うものの、私の場合は横長メインで蒐集したので、そうなんですねと言う感じではある。FinePix好きとしては、お任せしますというところだ。

2015

2015

レンズは鉄板のスーパーEBC フジノン光学式3倍ズームレンズで換算35mm~105mm相当のF2.8~F4.9。メディはXDで専用バッテリー。背面液晶が小さく感じるが、これは横長を活かして両手で構えた時丁度左右の手の間に収まるサイズとなっている。補助光ランプのオフが出来ないようなので、パーマセルで覆った。三脚穴がものすごく端っこに付いているのが気になるのだが、三脚を使わないので、これが良いのか悪いのか分かりかねる。おそらくはメディアやバッテリーの出し入れと関係があるのかもしれない。電源は私の好きなスライド式だが、かなり硬い。これは個性なのかデフォなのか不明だが、OFF、再生、撮影と並んでいるスイッチの再生に一発で合わせるのは至難の業だ。特にOFFから再生がむずい。起動自体は速くて、AFも早い。全体的にキビキビしている。特にストレスはない。強いて言えば、露出補正がボタンを押しながら十字キー操作なので、油断をするとフラッシュやマクロの設定が変わってしまうことと、液晶に露出の設定が反映されない事が不満といえば不満。露出の設定が反映されてない液晶は寂しい。ちょっとデジタルの恩恵を受けられない寂しさがある。

2015

2015

得られる画像はザラッとしたFinePixらしい優しい描写だと思う。

2015

2015

歪曲は若干。例よってこのカメラも起動時にワイド端ではなく若干標準域寄りに立ち上がる(FinePixの謎)。そして例によってそのまま撮影しているので、ワイド端ではどうなのか検証していない。まぁ、情報提供を目的としていないのでご了承願いたい。落としてジャンク度は5割増しとなったが、出てくる画を眺めていると悪い気はしない。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

つづく。

2015

2015

1998年製という事になると、さすがにPanasonicといえども現代で十分使えるデジカメを作ることは難しかったろう。何しろ本機のコンセプトが「コンパクトカメラを意識」し、一般ユーザーが違和感なく使える機種を目指したというものなのだ。コンパクトカメラを作っておいてコンパクトカメラを意識したとはどういう事なのかというと、デジカメ黎明期において脱フィルムカメラはひとつの目標だったが、それを逆手にとってフィルムカメラに寄せてデザインしましたよというのがNV-DCF3なのだ。時代を感じさせる逸話だが、微笑ましくもある。

2015

2015

とは言え、好評だったのはレンズカバーによる電源制御くらいで、その他の使い勝手はまだまだ改善の余地があったようだし、もちろん現在の視点ではかなり厳しい点数しかあげられない。それでも、時代背景やコンセプトを踏まえるとやさしい気持ちで接することが出来る。例えば、本機はシャッターを切ってから次の撮影が出来まで1秒であると謳って高速アピールをしていた機種なのだが、これはバッファを数枚分設けて、それを利用した仕組みで、所詮バッファなので保存が完了しない。結局、1秒間隔で撮影したところで、保存に数十秒掛かることになる。これが当時ならば、なんだかなぁ~となる所だが、現在では仕方ないねとなる。本機の前機種は撮影間隔が7秒だったことを考えれば大躍進には違いない。本機はジャンク専門店の軒先に並べられていたのを0.5Kで拾い上げたのだ。17年ほど前の機種とジャンクの波打ち際で出会うことはあまりない。珍しさも手伝って確保となった。一応、Canonレンズ、乾電池仕様、CF、そしてPanasonic製という事をチェックしての上での確保だったのだ。

2015

2015

当時としても分厚かったと思われる筐体は、手の小さな私には持て余すほどだ。鞄に入れると、ものすごく邪魔。いつの間にか電源が入ってしまうこともあった。レンズカバーと電源をリンクさせない設定も出来るのだが(この辺は偉いよね)、するとワンアクション増えてしまい、使い勝手が悪い。つまり、カバー手動オープンで自動的に電源オンというワンアクションから、電源スイッチON→カバー手動オープンという2アクションになる。もっとも、電源を入れてからカバーを開ける間に、起動が完了することはないので、一手間増えても速写性に違いはないのだが。私はPanasonicのデジカメも好きなのだが、本機からLUMIXの面影を探すことは難しい。強いて言えば、飛び出した背面液晶とスライド式の電源スイッチが今を忍ばせる。撮像素子は1/3CCDで有効画素数は33万画素。330万ではない。私が蒐集した古デジカメの中でも、最も低画素な機体のひとつとなる。レンズは換算で43mmの単焦点でパンフォーカスだ。レンズ下にマクロへの切り替えスイッチがあるが、これが切り替えてもすぐには何も変わらない。忘れた頃にマクロモードに切り替わる。MFでピンを確認するための拡大表示機能が付いているが、11万画素の液晶なので、何もわからない。正に発展途上の状態だ。それでも、60Kはしたのだから、買う方も度胸が必要だったろう。筐体はプラボディで高級感は全くないのは残念である。
さて、肝心の写りだが、さすがにネット用としても、30万画素はキツイ。

2015

2015

久しぶりにジャギーを見た気がする。古き時代の遺物という感じだ。文化財保護という言葉が頭にが浮かぶが、すぐに否定される。やはりジャンク集めの方が似合っているな。

2015

2015

ノイズがどうしたとか、偽色がこうしたとか、語るレベルではないな。もはや、これも味だと言うしか無い。固い描写である。

2015

2015

その昔所有していたmini DIGITAL CAMERAというトイデジに似ている描写だと思う。その描写の酷さに4~5回使ってドナドナしたが、正に真のトイであったことは間違いない。それと似ているとなれば、発売当初はともかくも現在使うのは厳しいと言わざるをえない。トイデジだと思い込めればいいかも。

2015

2015

デジタルが乾いた表現だと思わされた理由はこういう時代を通過したことが、原因だろう。この機種を使うことに価値があるとすれば、こういう気付きにあると思う。逆に言うと(何度も言うが何故人は逆に言いたがるのか)、こういう時代を経て今があると思うと微笑ましくもある。それにしても、この古いカメラ、とても壊れそうにない。バッテリーはエネループで十分実用になる。まだまだ生き残れると思う。立派なやつなのだった。

2015

2015

 

2015

2015

つづく。

 

 

 

なんとも言えない、評し得ないフォルムなのだ。

2015

2015

NikonのHPから引用

インナースイバルデザイン採用により、おしゃれでコンパクトなボディを実現。有効画素数 2.0 メガピクセル、光学 3 倍ズームニッコールレンズ搭載により、高画質な画像を撮影できます。デザイン、携帯性に優れたスタイリッシュなデジタルカメラです

果たして2002年当時はどう受け止められていたのだろうか?個人的な感想だが、ずんぐりむっくりしたオモチャみたいだ。総プラボディの安っぽさに加え、ロゴの下にデザインされたホームベース型のスタッズは、まるで少女向けアニメの変身グッズそのものだ(セルフタイマー時は光るし・・)。Nikonがおしゃれ押しで幅広い世代を取り込みたいという意気込みは伝わってくるが、それが形になるまでにはあと数年、Sシリーズの登場まで待たねばならなかったと思う。ちなみに引用文冒頭のインナースイバルだが、これも言い方の問題で、スタイリッシュさに欠ける。ただのスイバルの方が遥かに使いやすいのは明白で、上の写真の状態ではレンズが枠に隠れて撮影が出来ない。その上、この状態で電源を入れると、背面液晶にレンズを回転させろとアニメーションで警告してくる。慌ててレンズを回転させる様は、まったくもって恰好がつかないのだ。また、使い勝手も良くない。それなりにボタン類は付いているのだが、わかりにくい上に階層をたどる必要がある。これが果たしてNikonを使い慣れていない所為なのかは疑問である。フラッシュの設定も覚えてくれないので、起動の都度設定することになる。そして、なぜか表側は縦型デザインになっており、レンズ側を「上」としてしまったせいで、ストラップの位置が正面右側という使えない仕様になっている。これはNikonに限らずありがちな設定なのだが、縦型ならばレンズを下にする勇気が必要だ。そんなわけで数枚試し撮りをした後は、撮影意欲がわかずに鞄に入れっぱなしとなってしまった。
本機はジャンク専門店で転がっているところを拾い上げた。バッテリーは無く、動作確認も出来なかったが、これは動くだろうと考えた。その理由が下の写真だ。

2015

2015

デコってあった。シールの配置が大人びているような気もするが、子どもの仕業と読んだ。発売当初50Kはした商品である。それをお下がりだったとしても、子どもが使う場合、結構大事に使うのではないだろうか。ましてや飾りまでつけているのだから。。もっとも、私はそう考えるが、逆に子どもだったら雑に扱われたのではと思う方もおられるだろうから、これは集古趣味の取り組み方の問題だろう。結果として完動品だったので、次回も同じような考えのもと行動することになると思う。バッテリーは手持ちに合うものがなかったので、別途購入した。当然、本機(0.5K)よりも高かった。

2015

2015

メインスイッチもプラ丸出しでオモチャ感がある。シャッターは半押しが無いのかと思うくらい深く押しこむと半押しになった。半押しというより8割押しと言った感じ。コレは個体差かもしれない。

2015

2015

バッテリー、カード入れのカバーを開けた所。このカメラで唯一萌える部分だ。この仕様はガルウイング的で恰好いいと思う。メディアはCF。

2015

2015

レンズは換算で37~111mm、f2.7~4.8のニッコール。45度と90度、135度のところにクリック感があり固定できる。0度で撮影できないのは残念。・・・と、若干下げ気味に進めてきたが、BSS機能や多彩なシーンモードなどは意外と使えるのだ。写欲がわかなかった期間に終止符を打ったのは、この趣味の基本姿勢を思い出したからだ。カメラに合わせる。それが楽しくて始めた趣味であったはず。という単純なものだった。それからは一気に撮影枚数が稼げた。

2015

2015

撮影結果をPCで確認すると、画質の良さに感心した。どんな機材で撮ろうとも撮影結果が全てならば、本機はかなり満足出来るのではないだろうか。私の場合は、どんなカメラであるのかが大事なので、なかなか複雑なのだが、2002年200万画素1/2.7 型 CCDとスマホ以下のスペックでこの結果は素晴らしいと思うのだ。

2015

2015

いつもは右手にカメラを持つのだが、ストラップが逆なので、左手に持って歩く。その際、レンズは45度にしたままで、電源も入れたまま。こうすることで素早く撮影できる事が分かってきた。手順が確立すればストレスはなくなるのだった。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

カラーも悪く無いです。いや、良いです。。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

私にとっては、見た目のとっつきにくさと、仕上がりの良さのギャップを楽しめるカメラだった。

つづく。

 

 

以前、Polaroid t830を紹介した時に、Polaroid t830はビックカメラオリジナルという肩書を持つのが気に入らず、本当のPolaroidが欲しいとワケのわからんことを書いてしまったが、では本当のPolaroidって何かと考えると、なかなか結論が出ないのだ。企画から部品の制作、生産まで社内で行われたものが本物としてしまうと、この世に本物などほとんど無いと分かる。なので、普通に何の肩書のないPolaroidを探していたのだ。ネットではそこそこブツがあるが、輸入品のため高くて手が出ない。で、徘徊コースをめぐる度に、気にしていたのだが、見つかるのは、t830ばかりという皮肉さで、結構売れたのかな?と思ってみたり、いっそもう1台確保してみるかと考えたりで、幾星霜。。ってほどではないが、或る日、もやもやにピリオドを打つ事ができた。リサイクルショップのいつもはあまり見ることがなかった中古レンズの並んだガラスケースの奥に、Polaroidとプリントされた箱を発見。何故レンズのコーナーの奥にデジカメが置いてあるのかわからないが、これは発見しづらい。値札も見えないので、店員さんに言いつけて出してもらった。それが今回紹介するPolaroid iZONE 550。

2015

2015

値段は1.5kと微妙。どうやら未開封品らしく、ビニール袋を破らないと中身が確認出来ないのだった。それはそれで好印象だったが、見ての通り、トイデジだよね、これ。箱の中身はクレイドル、シリコンのボディスーツ、イヤフォン(MP3再生機能があるのだ)、それにストラップとオールインワン的な布陣であった。

2015

2015

写りは全く期待できないなと思いつつも、念願のPolaroidなので結局確保した。撮像素子は1/1.8インチ500万画素CMOSと小さいボディ(7センチ角ほど)のわりには大きめの撮像素子が搭載されている。レンズはf=8.54mmで換算50mm前後かな?と言う感じでF3.0。2.0インチの液晶はトイデジらしくノイジーで、安っぽさ全開である。

2015

2015

フラッシュは使わないけれど、この位置にあると指が掛かりそうだな。バッテリーは内蔵されており、バラさない限り交換は出来ない仕様。メディはSD。

2015

2015

写りはネガフィルムのプリントをスキャナしたような感じで意外といいなと思う。ただ、トイデジとしては少し中途半端な感じで、振り切っていないところが残念なのだ。

2015

2015

半押しもないので、ただシャッターを押すだけなのは潔いが、正直な話、写真をとっている感は少ない。背面液晶は晴天下では何も見えないレベルで苦労した。

2015

2015

要するにお手軽なトイデジと言った風情なのだが、こういうコンセプトのカメラって逆に構えてしまって、何撮っていいのかわからなくなることがあるな。とりあえず空を撮ってみたりしてしまうのだ。周辺はいい感じに落ちる。

2015

2015

ピンの合う最短距離が1mのパンフォーカスレンズなので、近いものを撮ってぼかすとポラっぽいかもしれない。Polaroid探しはこれにて終了だな。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

最後はトイデジっぽく遊んでみた。食い足りないところも含めてトイデジなんだろうなぁと思う。

つづく。

まずはさらっとプロフィールを。2000年7月発売。1/1.7型CCDの240万画素。ハニカムで432万画素。レンズは単焦点で換算36mmF2.8。メディはスマメ。燃料は単3形電池2本。
ニュースリリースには「写真が撮れる!動画が撮れる!音楽が聴ける!」という謳い文句。
この大きさと言い、機能と言い、夢のガジェットだったと思うのだ。それが、今回紹介するFinePix40i。

2015

2015

見ての通り、シールでアピールに余念がない。毎度の事ながら、買った人には必要のない情報なのになぁと思うが、ホント古デジカメはシール好きだ。そして、前のオーナーが何人いたかは分からないが、そのまま使っていたんだと思うと、不思議だなと思うが、人それぞれなので文句はない。シールが貼ってあるとその部分はきれいなので、ジャンク拾いにはありがたいのだ。

2015

2015

残念ながら、ジャンクで拾ってきたので専用ソフトがなく音楽は聴けない。その他は普通に使える完動品だった。小さいながらも適度な重さで、機械を持っている感じが楽しめる。

2015

2015

レンズ前にはスライド式のレンズカバーが富士フイルムらしい。開閉音にもう少し切れがあると楽しさが増すのだろうが、地味な動作音がするだけだ。電源は軍艦部のスライドボタンで行うが、片手で出来る。デジタルズームは使わないので、ズームレバーはメニュー内の操作で使う程度だが、小さい割にまずまずの操作感である。

2015

2015

小さいけれど光学ファインダーが付いているので、液晶が見づらい時には便利だ。そして液晶は、屋外では、ほとんどの場面で見づらい。晴天下では構図の確認も一苦労するレベルだ。これは2000年当時の液晶では普通のレベルであったろう。厳密に言えば、この問題は今でも解決出来ない課題なのだから仕方がない。

2015

2015

撮影はAUTOとマニュアルが用意されており、マニュアルは例によって露出補正モードとなっている。絞りやシャッタースピードが変えられるわけではないが、絞りは2段階なので、AUTOで十分だろう。そういうカメラなのだ。何ら不満はないが、唯一の、そして致命的な欠点は見づらい液晶ではなく、シャッターボタンだ。半押し感が殆ど無く、撮ってる感がゼロな時があるのだ。撮影結果を確認するには少し時間を要するので、写ってなかった時の落胆は大きい。これは個体の個性だろうか。とにかくこれには手を焼いた。シャッターが切れたかどうかわからないのだから、ブレ写真を量産した。ところが普通に写った写真は良き画質なのだから、油断はできないのだ。

2015

2015

歪曲収差は目立つが、色再現は忠実で私には好ましい結果だった。ハニカムが好きなのか、レンズが好きなのか、私自身も分からないが、結果的にFinePixの画は好きなモノが多い。

2015

2015

これで0.5kなのだから、もったいない話ではある。発売当時は88kだった。本機との出会いはジャンク専門店の店頭だった。その店は店頭にデジカメを置いているので、店頭でしか出会えないわけだ。そして、リサイクルショップでは出会えないような機種がびっちりと並べてある。常時50機はあるのでないだろうか。それも、コンデジばかり。一眼は数台あるだけで、フィルムのものがほとんどだ。レンズは売れないMF望遠がこれも数本といった所。

2015

2015

その店のスタイルは動作確認してないから安いという方式で、その場で一切の確認はできない。バッテリーもメディアも全て抜かれており、見た目で勝負するしかないのだ。そのかわり、ビニールに入っていることもないし、ガラスケース越しに飾られているわけでもなく、自由に手に取ることが可能となっている。私の通っていたリサイクルショップの青箱に転がされているジャンクたちの稼働率が9割5分だとすると、ここのジャンクたちは5割と言ったところだろうか。嘘偽りのないジャンク屋なのだ。ギャンブル要素は高いが、それに見合うだけの魅惑の品揃えなので、ついつい通ってしまう。

2015

2015

この店はジャンク稼働率の低さの他に、もうひとつ欠点があって、それはいつ行っても空いている事だ。ゆっくり見られていいだろうと思うかもしれないが、ここの店員さんは徹底的にお客を監視するというシステムになっているようで、とにかく視線が気になるのだ。きっと盗難とか多いのだろうなぁと思う反面、もう少しほっといてくれと言いたくなる。ここには勝負しに来ているのだから、気が散るではないか。それでも、この店に来て手ぶらで帰る事は少ないのだから、多少の不満はあっても、また寄りたくなってしまうのだ。そして、これはこの店に限ったことではなく、どの店でも言われる決め台詞、「これはジャンクですので、返品交換は出来きませんがよろしいでしょうか」を聞かされてジャンク拾いは帰路につくのだ。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

小さくてマクロもそこそこ写るので、修理の写真撮影に使ったりしている。カメラはお手軽に撮影できるのがいいなと思う。

つづく。