LUMIX DMC-F7(2001年) DMC-F1、DMC-FX5、 DMC-FX1(2003年) を、私は勝手に古デジ蒐集の初心者用という位置づけで考えていた。それは、私がこの趣味を始めた頃に、ゴロゴロ転がっていたと言うことがある。ガラスケースに飾られているのを見たことはないし、大抵は0.1K~0.3Kという手頃な値段で拾いやすい事も初心者用と言うイメージを付けやすかったのだ。なので、コレクターズアイテムと言うよりは、とりあえず一度は拾っておいてもいいかというスタンスでこれらと向かっていた。勿論電池式ではないので、そのあたりのハードルは高いが、バッテリーを入手するということも含めて、蒐集だと思うので、格好のモデルなのだ。さらに私の場合は、古デジ蒐集の楽しみの中に赤外線カメラへの改造趣味があるのだが、これに関しても初心者の私が扱う事の出来るアイテムとして重宝した。多くの個体を手に入れては試作を繰り返し、結果として手元に残ったのは赤外線撮影用に改造されたFX1が1台であった。一機種として、この趣味を通して最も確保したF1はすべてお星様になってしまったが、或る時、これらの本来の写りをほとんど体験していないという事に気づいた。つまりは使い込んでいない。それはいかにももったいないなぁと思い、蒐集晩期にFX5を拾った。実は結構探した。晩期には意外と出物がなかったのだ。たまに見つけても傷だらけで、改造目的なら躊躇いもないのだが、そのまま使うことを目的としているので、少しは綺麗なジャンクを拾いたかった。ブルーかレッドが希望だったが、例によって一期一会、確保できたのはユーロシルバーだった。0.5K。ちょっと高かった。

2015

2015

「L」のエンブレムは濃い黄色でボディカラーと合わない気がしたので、脱色した。地はシルバーなのだ。撮像素子は1/2.5型CCDで総画素数423万画素の原色フィルター。どちらかと言うと地味な発色と言うイメージがあるLUMIXなのだが、本機は意外と濃いと思う。それとも、地味というイメージが間違っているのかな。レンズは換算 35~105mmの3倍ズームでF2.8~F4.9。ISOは50始まり。専用バッテリーでSD使用。

2015

2015

LUMIXを使っていて一番良いなと感じるはスライド式の電源ボタンだ。素早い操作感が心地よい。AUTO撮影機だが、特に不満はない。モードダイヤルの中央に連写ボタンがあるが、恰好いいと思う。2段ダイヤルの格好良さと似ている。

2015

2015

赤外線用に改造したFX1と並べてみると、同時発売だけあってソックリだ。

2015

2015

違いは画素数でFX1は有効320万画素。あとはISO400が選択出来、連写が8枚までとなる(FX5は7枚)。どちらも比較的サクサク動く。微妙に待たされる感じはあるが慣れることが出来る範囲だと思う。軽いし、持ちやすく、画も良いとなれば、満足度は高い。モノクロがいい感じだった。

2015

2015

これはカラーモードではなく、カラーエフェクトモードから選択できる。モノクロモードのないカメラも結構あるので、ありがたい。

2015

2015

デジカメはこの頃に完成していた感がある。コンパクトボディに手ぶれ補正付きがこのシリーズの最大の売りであったが、基本性能的にこれ以上何が必要なのか考えさせられる。高感度耐性くらいだろうな。この時期のデジカメは厚み問題があり、本機も液晶部分のみ出っ張っているのが、苦労の跡を思わせる。ところが、本機発売後10年程度は古臭かったこの厚みが現在(2015)気になるのかというと、全般的に高級路線に切り替わったデザイン傾向の為、厚みに差はない様に思う。無論こちらの方がコンパクトなのだ。古デジカメも今が旬なのかもしれない。

2015

2015

いつものドンキ。光学ファインダーで撮影。極小ながらも光学ファインダーを残している世代のLUMIX。そういった意味でも本機の完成度は高い。カラーも特に不満はない。不満どころかむしろ良い。初期のLUMIXは侮れないなぁ。拾っておいてよかった。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

いい子だねぇ~。。(岩ゴーさん風)

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

2003年発売の本機は、10年以上前の機種となるが、今でも安心して使える。それは愛しいけど、切なくもあるな。

つづく。

 

 

ジャンクデジカメを拾う時に注意しなければならないのが、レンズが出た状態で落ちている個体だ。これは使えないものが圧倒的に多い。大抵はレンズが飛び出ている以外はきれいな筐体だったりするのだ。なので、バッテリーを入れれば動くのはないだろうかと、甘い誘惑に駆られてしまう。しかし、いままで、一度足りとも動いたことはなく、悲しい思いをするだけ。諸先輩方の中にはレンズユニットを治してしまう強者もおられるが、私にはそのスキルは無い。
レンズを動かすためのギアが破損している可能性が高いので、手が出ないのだ。今回の主役PowerShot S45はとにかくレンズが出たままの個体が多くて、なかなか完動品を見つけることが出来なかった。ガラスケースの中に並ぶには2002年発売と古過ぎるし、ジャンク箱にあるものは、レンズが出たものやレンズカバーが外れているものばかり。拾うのに苦労したもののひとつだ。

2015

2015

正面から観た時のデザインが好きなのだ。正面は縦型デザインなのだが、さすがは天下のCanon、レンズは下側にデザインされている。つまり、ストラップが正面から見て左につくという当たり前の仕様になっているのだ。これは大事(勿論、Canon以外でも沢山ある)。ただ、このカッコ良いレンズカバーが実に弱々しい。たまにレールから外れて傾く。なにしろ、このレンズカバーが電源のONOFF機能を兼ねているので、これが壊れたらOUTなのだから気を使わされる。バッグに放り込んでおくと勝手に電源が入ったり、カバーが外れたりする。これでは壊れる個体が後を絶たないなと思う。

2015

2015

平日も含め、長いこと持ち歩いたが、とにかく重い!バッテリー込みで300g強と数値だけでは大したこと無いんだけど、これがバッグに入っていると金属の塊感が半端ない。常に意識してしまう程だ。

2015

2015

そのボディは時代なりで分厚い。しかし、ホールド感は良い。角のない丸いデザインは、Canonとしては少数派の部類かもしれない。有効画素数400万画素で1/1.8型CCDと素性は良い。レンズは換算35-105mmズームでF2.8-4.9。ISOは50始まりでメディアはCF、専用バッテリー。PowerShot Sシリーズの歴史は1999年ごろから2007年までに世代を重ねている。この間にゴロンとした機種が幾つかリリースされているのだ。Canonユーザーとして一度は使ってみたかったモデルであった。

2015

2015 東京競馬場

画はCanonらしい落ち着いた仕上がりだ。

2015

2015 東京競馬場

早速競馬場へ同行させた。

2015

2015 東京競馬場

 

2015

2015 東京競馬場

 

2015 東京競馬場

2015 東京競馬場

 

トキノミノル像 2015 東京競馬場

トキノミノル像 2015 東京競馬場

 

2015

2015 東京競馬場

 

2015

ダッシングブルー 2015 東京競馬場

ストーミングホーム × ピスタチオ(ホワイトマズル)の牡馬。

 

2015 東京競馬場

オンザヒル 2015 東京競馬場

ブレイクランアウト × ギフト(シンボリクリスエス)の牡馬。パドック程度のスピードならば問題なく撮影できる。ただピントはなかなか来ない。

2015

2015

ここからは街区。低光量下の描写ではノイズが目立つ。と、言っておくが、私はさほど気にならない。

2015

2015

いつものドンキ。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

画は文句なしだが、本体の建て付けが今ひとつ。惜しいなぁという印象かな・・・。

つづく。

リサイクルショップの青箱にこれが落ちているのを見た時は正直驚いた。もっとも、そのアイデンティティとも言えるラバーグリップが欠落していて、見た目はジャンクに相応しいなりをしていたのだ。0.5K。

2015

2015

確認のため拾い上げると、グリップラバーが無いと言う以外はキレイなもので、青箱に入れらたばかりのようだった。本機には初めて触ったが、そこで2度目の驚きがあった。それは質感の高さだ。腐っても鯛。ジャンクとは言え天下のNikonのフラッグシップ機として生を受けただけの事はあって、威厳すら感じた。それが1999年 3月25日、恐怖の大王ではなく、福音とともに発売されたCOOLPIX 950、通称E950だ。さしてNikonに思い入れのない私にとって、ラバーグリップの欠落くらいは気になるポイントではない。それよりも、Nikonと言えば、S500の描写が気に入って2台確保した実績もあり、本機を確保すればいきなり頂点を体験できる(語弊はあるけど)と考えた。

2015

2015

グリップ部分には、とりあえず合皮をアテて処理した。これで持ちやすくなった。作りはデジ一と何ら変わらないクオリティ。こんなコンデジがあったのかと感動した。単純に高級品だと分かる。

2015

2015

1999年に希望小売価格 (税別) 125,000。これは抑えられた価格だったのはないだろうか。ボディはひねりを効かせて撮影出来るスイベル式。可動式背面液晶の台頭で姿を消したこの方式だが、これが実に使いやすい。

2015

2015

撮像素子は1/2 型で211万画素 CCD。レンズは135換算38~115mmの3倍ズームでF2.6~F4。電源は単3電池4本、メディアはCF。

2015

2015

動作は緩慢と言えば済んでしまう。もっとも、集古デジカメになれた現在では特に気にはならない。むしろ今では、最新機種を使った時のレスポンスの良さが気になるくらいだ。もう終わったの?と言う感じで、確認しないと先に進めない。まぁ、それもすぐに慣れるのだが・・・。

2015

2015

本機のもっとも大きな欠点は、動作速度ではなく、起動時にテレ端に移動するズームだ。やっと起動したと思ったら(と云っても3秒程度だが)、ズームをワイド端に戻さなければならない。殆どズームを使わない私だが、本機はズームレバーをよく使わされることになる。
この時代のカメラはソフトで収差を補正する機能は殆ど無いと言われているがどうだろうか。本機がその例に当てはまるとすれば、レンズの性能はボディの質感に相応しい高性能と言えそうだ。撮影結果は好ましいものが多かったのだ。勿論、レンズだけですべてを語れるとは思っていないが、寄与する部分も大きいだろう。また、光学ファインダーが見やすいのも好感が持てる。背面液晶が見づらい場面では便利だった。

2015

2015

ボディはコンパクトカメラとは言え大きい部類だろう。しかし長方体のデザインは収まりがよく、持ち運びに不便は感じない。ホールドもしやすく、持っているだけでワクワクする不思議な魅力がある。質感の高いボディの威力だと思う。

2015

2015

背面液晶は撮影結果を確認するには当てにならない事が多い。その場で消去することはせずに持ち帰る事にしている。そして、PCで確認した時に、本機は報われる側に属していると思う。解像度が高いわけでもなく、ノイズが少ないわけでもなし、ラチチュードが広いわけでもないが、これまで紹介した古デジカメとは違う演出をしてくれている。

2015

2015

デジタルは後処理でどうにでもなる。それでも、フィルムを選ぶようにカメラを変えながらスナップするのも悪くない。そう思わせてくれる独特の描写に感じる。本機は桜に合っているなと思う。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

本機の緩慢な動作はスローな作法を生む。撮影がのんびりとしてくる。夢中の中に時間を感じることが出来る。あっという間に過ぎることはない。長く楽しめる機種を手に入れたと思う。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

さして意識もしなかったが、わかりやすくローアングルが多い。そしてマクロを多用していた。この2つがこのカメラの良い所かもしれないな。

2015

2015

楽々と普段とは違うアングルを提供してくれる。楽しいのだ。

2015

2015

さて、S500の例があるので、Nikonのモノクロは試さなくてはならないなと思っていた。

2015

2015

さすがに200万画素と言う事で精緻さは不足している。全体的に赤みのあるモノクロームになった。

2015

2015

 

2015

2015

カラーの方が好みかもしれない。

2015

2015

しばらくはカラーとモノクロを併用してみよう。

2015

2015

 

2015

2015

今度は冬に使ってみたい。

つづく。