以前紹介したOptio S40は2004年3月発売の機種で、写りの良さと立体写真など遊べるエフェクトが揃った佳作であった。それから半年後に発売されたのが、今回紹介するS5iだ。ちなみに2色展開で9月にクールシルバーを、10月にインディゴブルーをリリースしている。私がリサイクルショップのジャンク専用のガラスケースから拾い上げたのはインディゴブルーだった。

2015

2015

S40はファミリーユース機でその上位機種として同時リリースされたのが、本機の前機種S4iで、偶然とはいえ普通にグレードアップ(S40からの買い替えとしては)した形となった。有効は500万画素となり、原色フィルタ1/2.5インチCCDという撮像素子。レンズは換算で35.6~107mm微妙に望遠寄りにシフトしている。F値は2.6~F4.8と据え置き。同じレンズかな?専用電池でSD。

2015

2015

S40はリサイクルショップの青箱でゴロゴロされて傷だらけだったが、本機はジャンクとはいえガラスケースに陳列されていたので、無傷なのが嬉しい。S40との違いで一番ツボにはまったのが、散々遊んだ「ツーショット合成」という名称が「3D撮影モード」に変更されていたことだ。割り切った素晴らしい英断だと思う。説明書にも一枚目を撮影したら、撮影姿勢を替えずに右に移動する・・なんて書かれているのだ。S40では邪魔だったモード説明のスーパーインポーズの文字も影を潜めたレイアウトになり、相変わらず液晶は小型だが、ずいぶんと見やすくなった。しかし、コイツを確保した理由は絵の良さへの期待で、3D撮影については専用機を手にする事ができたのでもう用済みw。本機では一度もエフェクトを使っていない。

2015

2015

今回の蒐集趣味を通じて、PENTAXは都合4台拾い上げたので、本機がラス前のPENTAX紹介となる。どの機種も外見やスペックの平凡さからは想像できないほど画が良いと言う共通点がある。まさに拾い物であった。

2015

2015

動作はキビキビしているし、何より小さいので携帯性は抜群だ。ただ、この趣味を持たなければ決して選択しない機種だけに考えさせられるなぁ。良さの分かっている方は現行時代に手にするわけだから、偉いなと思う。そんな偉い人から受け継いで10年前の機種を今更いいねぇ等と言っているのだからお目出度いお話だな。0.8Kとジャンクとしてはお高いけど、当時は40Kしたのだから、安く入手出来たことだけが、今買うメリットだろうな。

2015

2015

モノクロの撮影結果が良かった。高精細のモノクロも魅力だが、1/2.5インチCCDのモノクロが私の好みなのかもしれない。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

カラーは期待通りのクオリティで、文句はない。

2015

2015

歪曲は目立つ。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

このカットを撮影して振り向いたら、撮影の順番待ちの列ができていた。時代は変わったなぁ。。

2015 WINS新宿

2015 WINS新宿

 

WINS新宿。改装後初めて行ったが、キレイになってた。以前の狭い階段も懐かしいが、非常時には危険だろうという状態だったので、新しくなって良かったのではないだろうか。

 

2015 WINS新宿

2015 WINS新宿

 

2015 WINS新宿

2015 WINS新宿

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

常に身につけていたくなる機種だと思う。これで十分なんだよなぁ。

つづく。

DiMAGE XシリーズのラストはX1だろうか。そうなるとラス前が本機DiMAGE X60という事になる。2005年5月発売だから、KONICA MINOLTAがデジカメから撤退する前の年。事実上の最晩年の機種となってしまった。このシリーズは小型、軽量、そして高速レスポンスが売りで現在でも、その戦力は見劣りしない。本機も同様で、とにかく爆速とは言わないが、快速である。

2015

2015

 

レンズカバーが起動スイッチとなっており、起動時間は0.5秒。

2015

2015

一瞬で撮影体制に入れる。ただ、すぐ撮影できるかというとそうではない。AFは必ず前後してしまうタイプなので、若干待たされる感じなのが残念。起動から3~5秒という感じ。それでも、どの被写体に対しても一定の時間でピンが来るので、呼吸さえ飲み込めば、快適操作が可能となる。

2015

2015

軍艦部。使い始めの時はよく、モードセレクターを電源スイッチと間違えた。シャッターボタンは小さいなりに横長デザインで押しやすい。

2015

2015

撮像素子は1/2.5型CCDの原色フィルターで500万画素。レンズは換算で38~114mmのF3.3~F4.0。バッテリーは専用のかまぼこ型でメディアはSD。背面写真を撮り忘れたが、このサイズ(83.5×56×22)にして、2.5型の立派な液晶が付いている。光学ファインダーは無い。ホールドはしづらい。手の小さな私でも、収まりが悪い。ストラップは必須。ストラップを使えば、片手で操作できる。ただし、レンズカバーを閉じる動作は私には出来なかった。意外と硬いのだ。

写真を見てお分かりかと思うが、かなりやつれた個体である。値段分だけ使われたという印象。本機は中古カメラ屋のジャンクワゴンで拾い上げた。0.3K。そのワゴンはキレイに並べられたものではなく、リサイクルショップの青箱宜しくかき混ぜ系の販売方法である。何度も書いているが、リサイクルショップならごちゃ混ぜでも仕方ないと思うが、カメラ屋さんの販売なら、ジャンクであっても、もう少し愛があってしかるべきではないかと思う。中古カメラ屋の中には、絶対放り込み式をしないお店も多々ある。頑張って欲しいと思う。

2015

2015

さて、撮影結果であるが、色かぶりは目立つものの、スペックなりの写りではないだろうか。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

以前も話したが、この趣味を始めなければ、屈曲レンズとの接点は無かったろうと思う。色んな収差は目立ってしまうが、小さいということがいかに大きな武器か教えてもらった。屈曲レンズは沈胴式ではないので、強固な作りが可能だ。ホコリも入らない。現代ではその特性を活かし、タフを売りにした防水カメラに使われることが多いようだ。

 

IXY DIGITAL500である。200aで味をしめたので調子に乗って拾ってきたのだ。

2015

2015

使い勝手は200aとほとんど変わらない。相変わらず電源オンは長押しで軽快さが失われるとか、小さい筐体ながらも、大きなシャッターボタンは押しやすいとか・・・。

2015

2015

外観の美しさは200aに軍配が上がる。500も金属的な魅力は維持しているが、さっぱりし過ぎかな。小さな背面液晶も時代なりで、構図の確認程度は出来る。

2015

2015

写りに関しては200aとは別次元の仕上がりだ。200aの発売からわずか2年(2004年発売)でここまで変わるものかと感心するが、撮像素子の大きさが違うので、比べることが間違っていると言うのが正しいか。1/1.8型CCDで500万画素(IXYでは初の500万画素)。36mm~108mmでF2.8~F4.9。今となっては平凡な印象は否めない。そして小さいボディ。当時の私がIXYに対し食わず嫌いになっても仕方ないなと思う。

2015

2015

 

本機はリサイクルショップの青箱に転がされていた。その箱にはIXYが何台かまとめられていて、APS機もあったりした。一番きれいだったのが本機で、その他に400があったので一緒に拾ってきた(どちらも0.3K)。400はCCD不良品で背面液晶にはムラサキの風景が映るばかりで手の施しようがなかった。後にもう1台確保したが、そちらも同じ症状だったので400のコレクションは諦めた。CFのリコールとCCDリコールのあった機種なので仕方がないな。実は500もCCDリコール機種だったが、こちらは現在問題なく使えているので、修理した個体なのかもしれない。専用バッテリーにCF。

2015

2015

撮影結果は実にシャープで豊かな発色。文句はない。等倍で見なければ一眼で撮影したのかと思うほどよく出来ている。カメラ好きとは言え、写りが良ければより愛せるのは至極当然。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

もう、すっかりお気に入り。安心して使える1台だ。1/1.8型CCDの恩恵だろうと思う。現代のIXYが気になってきたw。。

つづく。