このDC3800を見つけた時は本当に嬉しかったなぁ。。
蒐集最晩期(つまり最近)でしたが、こんな銘機と呼ばれる機種が落ちているんだなぁと、妙に感心したりして。出会ったのはジャンク専門店の軒先。かき混ぜ系の販売方法ではないところが好感の持てるお店です。しかも、触り放題。本機は地味なナリなので目立たないのですが、探し出せて何よりだったと、その時は思ったものです。

2015

2015

まぁ、ご覧のとおりジャンク然としています。擦り傷多数。2000年9月発売なので、ある程度は仕方ないですね。プラ的なシェルで高級感はありません。そのかわり軽い。撮影時は燃料である単三電池を2本持っている感覚です。

2015

2015

背面はボタンが少ない。でも、これでいい。なぜなら、何も出来ないオートカメラだから。基本的にはファインダーを覗いてシャッターを押す。そして結果としてKodak特有の色乗りの良い画が出てくるはず・・・でした。1/1.75インチCCDで210万画素。換算33mmの広角寄りの標準レンズでf2.8と明るい単焦点。CF使用。電源スイッチは原点復帰タイプのスライド式で悪くはないのですが、左肩にデザインされていて使いやすくはないですね。起動は7~8秒と焦らし系。時代なりに起動時に背面液晶はつかない仕様ですが、ファインダーがそれなりなので問題はないかな。ボタン一つでライブビューも可能でエネループ使用ならつけっ放しでもOKだと思います。軍艦部から見るとS字ラインのデザインで非常に持ちやすいです。ツルツルボディでなければ、さらに完璧だったかも。なにげにメイド・イン・ジャパンなのが嬉しいところ。WEB上では多くの作例を観ることが出来る人気機種で、その仕上がりはシャープでクリアな印象です。・・が、残念なことに私の機体はジャンクでした。ジャンク専門店に売っているだけの事はあるw。

2015

2015

見事な青空の描写に右の樹のシャープ感・・で、左の樹のボケ流れ感(泣)。これは典型的な片ボケだな。多くのジャンクを拾ってきましたが、コレほどの片ボケは初めてです。さすがにガッカリ。ハズレ引いた~。

2015

2015

もう何が写っているのかというよりは、何処に片ボケが出ているかに興味が移ってしまう。無念。

2015

2015

上の写真の右側のようなシャープ感で全体が写っていたら、こりゃ時代を考えると銘機と言われているのも頷けるわけですが、左側の流れ感が全てを奪う。。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

この片ボケは、個性といえば個性なんですが、残念ですねぇ。。私に片ボケを直すスキルは勿論無いっす。また出会える日がくるのでしょうか・・・。いつものように使い込むところまで行けませんでしたよ。片ボケが気になりすぎて。。なので、写真も少な目です。これくらいが丁度良いよとかは無しでお願いします。最後に、ひとつだけ確かなことは、空は美しく青かったということです。

 

つづく。

S3Rです。
13回目に紹介したS3を拾った時に入っていた純正のガム型電池はかなりヘタっていたのですが、それを使ってます。サードパーティのバッテリーを購入してあるのですが、なぜかコイツには使えないんですよね。うんともすんとも言わない。仕方ないので、ヘタった奴の出番なのですが、とにかく持ちが悪いんです。元々持ちが悪い電池がヘタっているわけですから、使う方がイケないんですが、とにかく、満充電から1日使わないと、もう使えない。その日の朝に充電して、その日に使うのがベストという、生真面目タイプな運用を強いられます。というような苦労がコイツの印象で、古デジ蒐集家らしいお悩みだと自負しております。
さて、S3がありながら、何故本機S3Rを拾っったのか。それはS3の時にもチラとお話したのですが、とにかくFinecamの出物にありつけなかった私の蒐集ライフにおいて、斯様にピカピカの本機を見つけた時の感動を想像して下さいな。

2016

2016

調べてみると、S3は2001年発売なのに対し、S3Rは2003年と結構間隔が空いております。Rが付いただけだから、半年くらいの差かなと思っておりましたが、意外と真面目なヴァージョンアップなのです。実際使ってみると、起動時間からAF動作、記録時間、そして仕上がりの画に至るまで大幅に進化しておりました。ま、ジャンク対ジャンクの比較なので、何とも信用は置けないのですが、私の拾った機種の比較ではそうでした。だから、なんで電池はそのままなのか、そこだけは納得行かないところなのですがね。。

2016

2016

スペックですが、まず有効画素数が317万画素とS3より若干下げております。素子の大きさは、1/1.8型CCDと一緒なので、レンズが変わった関係でしょうか?S3の換算38mm~76mmから35mm~105mmと3倍ズームになっております。F値はF2.8~F4.8。背面液晶の大きさも若干大きくなっていて、見やすくなっていますね。ただ、ドット数は下げてあります。メディアはSD。

2016

2016

起動させると勝手にポップアップするフラッシュがウザいっていうか、動きが可愛いっていうか、何でこんな仕様なの?ま、他メーカーでもたまにありますけどね。。
さて、撮影結果です。

2015

2015

S3と比較して、空の色が大幅改善。ムラサキな空ではなくなりました。色も濃くなっておりますね。

2015

2015

ノイズのザラッと感はありますが、綺麗な赤も出ます。コレなら気分よく撮影できますね。。

2015

2015

見事なカスタム車。こういうカスタムってセンスを問われますよね。この作品は立派な痛車です。痛い痛車はみてられませんからねぇ(何様?)。

2015

2015

お気に入りの立木たち。。このブログにショッチュウ出て来ますな。。

WINS新宿 2015

WINS新宿 2015

昨年末に新宿へお散歩。。

WINS新宿 2015

WINS新宿 2015

 

WINS新宿 2015

WINS新宿 2015

 

WINS新宿 2015

WINS新宿 2015

 

WINS新宿 2015

WINS新宿 2015

WINS新宿はアイコンが可愛いです。客層とは合ってませんけど。。

WINS新宿 2015

WINS新宿 2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

暗い場所でもS3より良くなってますね。そう言えば、本機は連写がスゴイらしいですね。バッテリーがアレなもんで試してませんけどね。古いバッテリーに悩みつつ、KYOCERAブランドを使うなんて、古デジカメ蒐集道としては、ちょっと乙なものかも知れませんな。。などと自分に言い聞かせてみるものの、実戦に耐えられない感は否めません。。

つづく。。

2016

2016

弁当箱ではありませぬ。これで、100mm強?50mm強というコンパクトなカメラなのであります。

2016

2016

こんな感じのスイベル機です。Optio Xというのがこいつの名前。ジャンクの中でも少しランクが上のガラスケース出身なので、綺麗な個体です。0.9K。蒐集後期での出会いだったので、1/2.5型CCDで有効画素数は500万画素というスペックを今更拾うのかとの迷いもありましたが、スイベル機、それも2004年突如現れたスイベル機という何となくのイメージがあったので、拾っておこかと思った次第。ひょっとしたら最後のスイベル機かもという考えもあったのですが、2006年にはNikonのS10が発売されておりましたね。残念。

2016

2016

スペックはレンズが35.6mm~107mmで開放値F2.6~F4.8。ISO80始まり。バッテリーは専用でメディアはSD。充電はクレイドルで行うタイプだと思うのですが、本体しか持っていないので、バッテリーを取り出して行ってます。ひねると、バッテリー取り出しのスイッチが何やら秘密のスチッチのように付いております。ボディ側のガワが外れてごく普通のD-LI8が出てきます。
本機は、せっかくスイベルなのに非常に残念な機種だなぁと思いますね。三脚穴付のカッコいいストラップ金具が付いているんですが、左側なんですよねぇ・・・。この愛らしい小さなカメラは片手でスナップするのに持って来いなのに、両手で構えることになっちゃう。こんな立派な金具でなくでも、ボディ貫通タイプなら右側に付けられると思うのですが・・・。

ガラスケース出身とは言えやっぱりジャンクだなと思うのが、とにかく「鳴き」がすごいんですよね。私は操作音もシャッター音もオフにして使うのがいつもの設定なのですが、それはどんなシーンでも周りに影響を与えたくないという考えというより、単純に目立ちたくないと言った理由なのですが、コイツの鳴きは電源オン及びオフの時に「きゅ~きゅいっきゅ」とかなりの音量で自己主張します。試しにズームを使ってみると「ぎゅーぎゅぎゅぎゅぎゅ」とえらい勢いです。いえ、文句な無いですよ、0.9kのジャンクですから。。個性個性。泣き虫Xと命名です。

2016

2016

ま、撮影結果は年代が新しいので問題ないですから、特に語るものもないです。写真のチョコは衝動買い。限定物に弱い踊らされ夫婦な我が家なり。

2016 TCK

2016 TCK

さて今回はTCKに連れて行きましたよ。。L-WING 3Fビヤレストラン 銀座ライオンで腹ごしらえ。。

2016 TCK

2016 TCK

今年に入ってから無性にオムライスが食べたかったのですが、念願叶った瞬間。。そんな1月。

2016 TCK

2016 TCK

るーさんはカニたらこパスタ。

2016 TCK

2016 TCK

ジョッキーの書いた絵馬。

2016 TCK

2016 TCK

 

2016 TCK

2016 TCK

 

2016 TCK

2016 TCK

 

2016 TCK

2016 TCK

 

2016 TCK

2016 TCK

Paddockでは何やらオーロラビジョン的なものを作っているようです。

2016 TCK

2016 TCK

G-front。

2016 TCK

2016 TCK

昼間開催ではお休みなんですね、スイーツのお店。。残念。

2016 TCK

2016 TCK

3号スタンド取り壊し始まってます。2号スタンド、3号スタンドについては、今までありがとうの意味を込めて、昨年沢山写真を撮らせてもらいました。

2016 TCK

2016 TCK

このブログでも散々写してきたCarrera。

2016 TCK

2016 TCK

そんなCarreraもまさかの閉店です。淋しいなぁ。。

2016 TCK

2016 TCK

G-front 1F。新しいスタンドは気持ちが良い。

2016 TCK

2016 TCK

色んなお店も入ってました。

2016 TCK

2016 TCK

可愛い丼。

2016

2016

おみやげに買ったどら焼きとおまんじゅう。

2016 TCK

2016 TCK

4号スタンド。懐かしさと風格がある愛すべきスポット。

2016 TCK

2016 TCK

 

2016 TCK

2016 TCK

 

2016 TCK

2016 TCK

 

2016 TCK

2016 TCK

猫ゾーン。

2016 TCK

2016 TCK

3号スタンド表側。

2016 TCK

2016 TCK

G-FRONTコース側。意外なほど居心地の良いロハ席。

2016 TCK

2016 TCK

 

2016 TCK

2016 TCK

予想屋さん。

2016 TCK

2016 TCK

 

2016 TCK

セールスフォース 2016 TCK

カネヒキリ ? オードトワレ(コマンダーインチーフ)の牡馬。お馬も写してみました。

 

2016 TCK

パラゴン 2016 TCK

グリーンアプローズ ? ミヤウンブランド(ワカオライデン)の牡馬。

 

2016 TCK

セーブル 2016 TCK

オレハマッテルゼ ? リリカルヴァース(マリエンバード)の牡馬。青毛ちゃん。

 

2016 TCK

コウギョウマゼラン 2016 TCK

ディープスカイ ? ダライール(Sadler’s Wells)の牡馬。

 

2016 TCK

アゼリア 2016 TCK

ゼンノロブロイ ? ダンスオブザマンボ(Kingmambo)の牝馬。

てな感じで返し馬ならそこそこ写りますね。。04年位なら完成しているんですよね、デジカメって。。立派な写真機ですよ。最後にお気づきの方もおられると思いますが、撮像素子にゴミが・・・。密閉度が高そうなんですけど、ズームレンズだからでしょうか。それとも、鳴きがあるように内部で何かあったのか。。ま、誕生から10年以上経ってますから、内部も掃除しないとですね。。

つづく。。