4台目のKodakです。古デジカメ蒐集を通じて一番浪漫を感じたのがKodakというブランドでした。それは、フィルムメーカーと言う事で、富士フイルムのFinePixのように自分を惹きつける何かがあるのではという期待があったのかもしれませんし、あるいは、デジタル時代にKodakのカメラを使うという懐古趣味なのかもしれません。Kodakのデジカメは最終的に5台まで増えました。さて、今回紹介するのはDC280Jです。1999年7月発売という前世紀の遺産です。撮像素子は1/1.76型CCDで206万画素。レンズは30~60mmの2倍ズームでF3~F3.8の開放値。当時としては広角だったらしいですね。単三電池4本、CF。本体はKodakを冠しておりますが、日本製です。では、お姿。

2016

2016

このデザインが気に入ったのです。アメリカンなクラシックな、なんとも言えないデザインで、古デジカメを楽しむなら外観も現代には見られないものが嬉しいのです。

2016

2016

キヤノンのG3あたりと同じくらいの大きさで、それなりに厚みも感じます(私論・この大きさのカメラは良く写るの法則に当てはまる一品)。

2016

2016

液晶はふたつ(軍艦部と背面)。

2016

2016

はじめて実戦に投入した時、背面液晶が全く見えなくて困りました。明るさを変えたいけれど、メニューをいくら探しても項目がありません。しばらくして気がついたんですけど、底面にダイヤルがあって、それで液晶の明るさを変える事が出来るんですね。物理的ボタンとは想像してませんでした。明るくしたら、それなりの見え具合でした(え?説明書?読みませんけど何か?)。
このカメラは某ネットショップで購入したのですが、Kodakの8MB Picturecard(CF)が付属していたのです。コレは嬉しいおまけだったのですが、フォーマットされておらず、前オーナーの写真が残っておりました。2年間に渡りこのカメラを使い続けて、画像の保存もこのCFでやっていた感じ。どうやら会社の備品だったらしく、画像の殆どが、工場内部の風景でした(何の工場かは不明)。購入したショップは右から左でカメラに関しては何の点検もしてないんでしょうね。1Kは高い買い物だったかも知れませんが、まぁ、残っていた画像の日付からワンオーナーだと分かったので、まぁいいか。画像は速やかに削除しましたよ。ただ、使われなくなってから10年余り。何処で何をしていたんでしょうねぇ。。
さて、撮影結果。

2016

2016 東京競馬場

良い色乗りです。。古いカメラですから、現場では動作スピードなど苦労する部分もあるのですが、コイツは報われるカメラです。

 

2016

2016 東京競馬場

レンズは意外と切れる感じがします。

2016

2016

さすがにEktarではないですね。EKTANAR。時代から考えると良いレンズと言えそうですね。

 

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

 

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

ブロッケンからのクイズ。。

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

屋内。モデルはユキノビジンのぬい。

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

これだけ写れば楽しいですね。コイツは当たりです。

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

モノクロームにも挑戦。

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

 

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

 

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

 

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

 

めっちゃええやん。Kodakはん。もう聞こえへんかもしれんけど・・・(えせ)。

2016

2016

何かを期待して見上げた青空。ただアンダーなだけ。

2016

2016

例によって中野散歩。

2016

2016

暗部のノイズ。

2016

2016

 

2016

2016

 

2016

2016

 

2016

2016

 

2016

2016

ゴースト。

2016

2016

 

2016

2016

 

2016

2016

 

2016

2016

 

製造年と見た目から、何処まで写るのかなぁと不安でしたが、カラー良し、モノクロ良しで、かなり満足です。撮像素子がやや大きめなところも良いのかもしれません。掘り出し物でした。

つづく。

RICOHさんが、デジタル版GRを開発中というアナウンスした後の2005年に発表されたのが本機GX8。同年ついにGRデジタルが発売となるのですが、本機も十分に評価された機種だったようです。

2016

2016

最大の売りはやはりレンズ。換算28~85mm相当の広角3倍ズーム(F2.5~4.3)。GRの影をチラチラ見せる感じがいたします。GRは28mm単焦点ですから、本機はズーム版GRであったと言えるのかもしれません。

2016

2016

背面はほぼGRです。とは言いすぎですが似てますね。使い勝手はGRが数段上ですがね。スナップシューターまであと一歩と言うのが私の印象です。撮像素子は有効824万画素で1/1.8型原色CCD。ISOは64始まり。メディアはSD。バッテリーはDB-43もしくは単三形電池×2という素晴らしい仕様。

2016

2016

起動も終了も現代的なスピードです。ソフトもサクサクです。ズーミングも速い。ただ、あと一歩なのがAFです。どうしてもワンテンポ待たされます。非常に惜しいんです。それ以外はいい出来栄えです。見ての通り大きなグリップが持ちやすいですしね。電池室を握る感じになるのでウエイトのバランスも良いです。筐体の高級感が所有欲を満たしてくれます。本機との出会いは、リサイクルショップのジャンクのガラスケース。カッコいい見た目に惹かれて購入です。期待させるじゃないですか、この外観なら。。

2016

2016

出てくる画は安定のRICOHのそれですね。あっさりしてます。慣れさせられているのかもしれませんが、馴染み深い画作りなので、私としては文句なしです。

2016

2016

いつもの立木たち。10年以上前の機種となってしまいましたが、現代的な画でもあります。

2016

2016

広角レンズは空を撮りたくなります。

2016

2016

 

2016

2016

 

2016

2016

桜の季節でしたな。。

2016

2016

 

2016

2016

 

2016

2016

 

2016

2016

RICOHと言う事でマクロも使ってみました。天気が悪かった時の暇つぶしとも言います。。

 

2016

2016

グレイゴースト・ネイティヴダンサーのクリスマスオーナメントです。オグリキャップの父の父。ダンシングキャップのフィギュアも欲しいですなぁ。。話はそれるのですが、この間、マツコの知らない世界でマトリョーシカマニアの回が有ったのですが、マトリョーシカって競馬にこそ合っていると感じました。オグリのマトリョーシカ、欲しくないですか?開けていくと、ネイティヴダンサーやホワイトナルビー、オグリローマン、オグリワンとか出てきたら興奮モノだと思ってのですが・・・。。

2016

2016

ノーザンテースト先生。

2016

2016

野間馬のミカンちゃん。

2016

2016

道産子のユキちゃん。

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

競馬場へも連れて行きました。。気分はGRで。

 

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

 

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

精細な描写。

 

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

 

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

見やすくなった展示馬スペース。

 

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

屋内。さすがに初期のRシリーズのようなノイズは出ないっすな。

 

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

 

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

競馬場で物撮りw。ここまで暗いとカラーノイズ。。

 

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

ほすぃ。。

 

2016 東京競馬場

2016 東京競馬場

 

GRデジタルへの進化の過程を感じることが出来ましたよ。やはり使って解ること多し。。
最後に本機はジャンクだけあって画面のほぼ中央にホットピクセルが2箇所あるんですよねぇ。。コイツは残念、萎えますな。ま、webにUPしているサイズでは分かりませんけどね。。。

つづく。。

集古散録外伝は中古やジャンク集めに疲れた著者が新品を買って癒されるシリーズである。その第3回目。

諦めきれなかった有機ELファインダー。どうしても1台欲しいと言う事で、4Kフォトの第一世代・Panasonic LUMIX DMC-FZ1000を買うてみました。
今やわが家のスーパーサブとして欠かせない1台となっております。活躍の場は競馬場。指定席からの撮影や、一眼レフを持っていくほど写したいお馬がいない日などに最適です。軽いので持っていくのも苦になりませんし、シャッターを押せば何でも写るという手軽さです。

2016

2016

見た目はもはやデジ一ですよね。大きなレンズが好感持てます。撮像素子は流行りの1.0型。1/2.3型の4倍の大きさです。有効2090万画素、原色フィルター。レンズはLEICA DC VARIO-ELMARIT光学16倍ズーム。すなわち換算25-400mmにして、F2.8-4.0。ISOは125始まり。メディアはSDXC、SDHC、SD。バッテリーはDMW-BLC12。私の使い方だと一日持ちます。
購入の1番の理由が有機ファインダーであったわけですが、2番めは動体撮影に特化しているコンデジであるという事。そして、4Kフォトです。もはや今更感もありますが、やはり画期的な機能だと思います。どういうものかというと、早い話が連写機能です。それも800万画素で秒30コマ!感覚としては動画撮影をして後から気に入ったひとコマを選択するという感じです。将来にはもっと高画質になって行くんでしょうね。写真を写すってなんだろう?って考えさせられますが、大切なことは思い通りの写真を残す事だとすると、アリ!です。それはカメラが何であろうと、結果として良い写真を写すのが目的だということと似ているのかもしれません。ただ、私はいろんなカメラを使いたいだけなので、単純に本機の動画的撮影も楽しく使ってます。

本機は使い勝手も良くて、欲しいボタンがキチンと割り当てられているなという感じです。LUMIX使いならばさほど迷わないと思います。この辺についてつらつら書こうと思ったのですが、意外と長くダラダラになったので、割愛しました。。ま、今なら色んなサイトで書かれていますからね。。

さて、さっそく撮影結果です。

2016 東京競馬場

ワールドプリンス 2015 東京競馬場

Lilbourne Lad ? Paris Glory(Honour and Glory)の牡馬。撮影時は浦和所属のマル外でした。

 

2015 東京競馬場

ジュンゲル 2015 東京競馬場

キンシャサノキセキ ? マンデルーシュ(アルワウーシュ)の牡馬。

 

2015 東京競馬場

トーセンメリッサ 2015 東京競馬場

トーセンブライト ? トーセンマドンナ(マンハッタンカフェ)の牝馬。遠いダートコースでも無問題。いわゆるデジタルズームもそこそこ使えます。とにかく競馬場で画角に困るという事は無いですねぇ。。

 

2015 TCK

ブレイブブロッサム 2015 TCK

スウェプトオーヴァーボード ? アサヒフォンテーヌ(カーネギー)の牡馬。4階の指定席からです。ガラス越しの撮影となります。

 

2015 TCK

ボチボチ 2015 TCK

ソングオブウインド ? モルフェアトラクト(ニューイングランド)の牡馬。

 

2015 TCK

ポルターレ 2015 TCK

ブライアンズタイム ? アーペレーヌ(デヒア)の牡馬。トゥインクルでも安定の画質。

2015 TCK

ディオレサンス 2015 TCK

フレンチデピュティ ? パノラマビューティ(ダンスインザダーク)の牝馬。

さて続いて4Kフォト。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

斯様に蜂や蝶の動きならば、さらっと写しても様々なポーズを残すことが出来ました。こうなると当ブログで度々登場するアイツを写したくなります。「こんなデジカメ持っている時に限って・・・」でお馴染みのカワセミです。いつもはこんな感じ。。

Cyber-shot DSC-S75 2016

Cyber-shot DSC-S75  2016

 

近所のポイントに出向きました。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

このサイズなら楽勝。

さて、アイツ。

2015

2015

コイツは流石に手強かったっす。

2015

2015

何しろ小さくて速い。この後見失います。ファインダーだけでは追えないですね。LVFでも厳しい。ドットサイトの意味が分かります。

2015

2015

でも、ホバリングしてくれれば写しやすいです。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

iAズーム(デジタルズーム)。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

さすがに画質的には落ちます。露出も荒れましたが、何も考えずに写してますんで、上手い人が撮影すればもう少しマシになりそうです。そんな余力を感じました。編集で救える程度に収まってくれれば良いですね。これくらい写せたから、もっと写したいとか狩りの瞬間を写したいとか・・・ならない所が鳥撮りになれないところでして、私はこの結果を見て、競馬の写し方を色々想像してます。あくまでサブ機なのでなかなか出番が無いんですけど(上述の使用方法)、ま、のんびり楽しむつもりです。。買って良かった。。新しい技術は面白いですなぁ。。なんでもかんでも手を出すわけには行きませんけどね。まぁ、これ以上は要らないでしょう。。

つづく。。

過去に多くのプリンター付デジカメが存在しましたが、こと画質という点ではひょっとして歴代1位なの?というのが、1999年登場のFinePix PR21。愛称プリンカム。当ブログで5台目となる縦型FinePix。

2016

2016

大きさは弁当箱って感じですかね。大きいですよ。

 

2016

2016

背面はこんな感じ。今なら大きな液晶が付けられそうですけど、こじんまりとした佇まいが時代を感じさせます。。撮像素子は1/2型CCD原色フィルターで230万画素。レンズは換算35mm単焦点。画質で歴代1位なの?と書いたのはレンズのスペックが他機種と比べて良いのではと思ったからです。本機はAFで最短距離が50cm、マクロでは9cm。他のプリンター付デジカメはフォーカス固定タイプが多く、最短100cmとかマクロ無しとか、そんな仕様のものばかりな感じ。これはやはりプリンター付と言う事で値段との兼ね合いなのかなぁと思います。その点、本機はデジカメ普及期に発売されただけあってメーカー小売り希望価格99.8K。デジカメとしてもそれなりのレベルであり、そこにプリンターを積んでみましたという事になれば、画質も良いはずですよね。

2016

2016

ボディ上面にプリントアウトの文字。ここからフィルムが出ます。フィルムは現代においても不動の人気を誇る「インスタントカラーフィルム instax mini」。いわゆるチェキ用フイルム。(私の行動範囲においてチェキを持ている人を見たこと無いんですけどね)ゆえにデジカメとして画質が良いと言ってもプリントすればチェキとさほど差は無いです(比較サイトも散見)。

2016

2016

チェキのパッケージと比べるとこんな大きさ。久しぶりにフィルムを買いましたよ。実は本機を拾った時にフィルムが残っていたんですね。随分長いこと放置されていたらしく、プリントしてみるとどよ~んとした写真が出てきました。でも、使えるんだと分かったので、フィルム大購入。競馬場に持って行ってトキノミノル像やウォッカ像をプリントしようと思っていたのですが、願いはかなわず。コイツの出身はリサイクルショップのジャンク専用ガラスケース。その日はめぼしい物が何もなく引き上げようかと思っていたのですが、奥の方に佇んでいるコイツを見つけたんです。あまりにもデジカメらしさがない大きさだったので、目に入ってこなかったんですよね。手に取ってもなんだか分からなかったのですが、ボディに2.3MEGA PIXELの文字を見つけてデジカメかよ。その時はプリンカムの存在は知りませんでした。筐体から古いものであることは分かりましたが、綺麗な個体だったのでネタとして拾ってきたというわけです。ネタと言うには高価な1.6Kでしたが仮にもFinePixでしたしね。で、帰宅後AC電源でプリントを確認したというわけです。メディアはスマメで、電源は単3電池4本なので、エネループを充電して、散歩でも行くかと用意したんですが、さすがジャンクなんですねぇ・・・。電池からの電気が流れない。。色々思い付く事をやってみましたが、復活できず。。実際AC電源では動作するわけですから、詳し方なら治せるのかもしれませんが、私には無理でした。つまり、室内限定・・・無念っす。仕方なく他のスマメ機で写したデータをプリントしてみました。

2016

2016

リサイクルショップで開けようとして開けられなかった前面のカバー。電源が入ってないと開かないんです。しかも、フィルムが入っていたので電源入れてもただでは開かない仕組み。

2016

2016

手前にあるのがパッケージから出したフィルム。

2016

2016

黄色い印を合わせてセットします。

2016

2016

他のカメラで写したデータを認識したので、コイツをプリントしてみます(他機種のデータをプリントさせるにはクオリティ等条件があります。詳しくはwebで)。再生モードで画像を選択してプリントボタンをポチリ。下のモノクロ液晶の「p10」はプリント枚数の残ですね。

2016

2016

壊れんじゃね?と言う感じで、あらん限りの動作音を発して(ガチャピ~ガガガガ)フィルムが出てきます。これ、静かな喫茶店とかじゃ迷惑なレベルです。私の個体だけかもしれませんけど。。

2016

2016

フィルムは例によってジワジワと画像を浮かび上がらせます。この久しぶりの感じにしばし感動。一瞬自家現像って楽しそう・・って考えが頭によぎりましたが、だからってねぇ・・・。

キチンとプリント出来ましたが、やはり本機の写りを確認しなくては・・・って事で、物撮りです。

2016

2016

JRA×コップのフチ子コラボ、「お馬のフチ子と日本ダービー」てな企画で、今年のダービーを記念してこんなフィギュアが発売。しかもガチャで。こういうシンプルなデザインに競馬ファンは喜びます。テイオーかシンザンが出るまでやり続けようと思いましたが、1回0.5kじゃ限界ありますって。。なので、2~3個目にキズナがダブった時点で終了です(泣)。・・・は、ともかく、webでは無問題な画質ですね。レンズの差は大きいです。

2016

2016

で、プリント。チェキっぽさが出ていて、味のある仕上がりです。フィルムのインスタントカメラではありませんので、写して即プリントと言う事もなく、画像を選択出来て、また何枚でもプリントできる点がデジタルです。

 

2016

2016

カーネーション。

2016

2016

そのプリント(のスキャン画像ですけどね)。

 

2016

2016

物撮りしている隣でるーさんが食していたさくらんぼ(私はフルーツが苦手なので食べません)。

2016

2016

と、そのプリント。こうやってみると、なんか2度美味しい。シャープな画像と、ゆるいフィルム画像と両方楽しめるんですね。

 

2016

2016

シンプルなダーラヘスト。。このブログに何回も登場してます。

 

2016

2016

いつもは本棚厩舎に座っているオグリ。

 

2016

2016

私はPASSPO利用者ですが、キャラ的にはSuicaペンギンが好き。

 

2016

2016

プリントたち。今後の退色を思うと、愛しくもある。ただ、私にとってのフィルム遊びはやはりお大名な趣味なので、もう使うことは無いと思います。

 

2016

2016

さて、外には連れ出せないので物撮りだけという事になると、条件が良すぎるので、最後に窓から外の眺めを1枚。葉の描写などから画素数なりという印象だと思います。きっと本来は曖昧な描写でポートレイトに使ったり、ご飯を写したりするのが正しいプリンカムの在り方だったのかもしれません。コンデジとしてはちょっと大きいですけど、唯一無二のこの楽しさを理解していれば、決して苦になることはなかったでしょうね。。。

つづく。

今回の機種は2004年11月27日発売のDiMAGE A200です。

2016

2016

DiMAGE 7(2001)から脈々と受け継がれてきた光学7倍ズームGT APOレンズを搭載した最後の機種です。KONICA MINOLTAがカメラ事業を終了したのは2006年の出来事なので、もう一世代欲しかったなぁ。。撮像素子は安定の2/3型の830万画素でインターレーススキャンCCD。レンズは換算で28~200mmでF2.8~F3.5と明るい手動ズーム。メディアはCFでバッテリーは NP-800(そこそこ持ちます)。

2016

2016

最近はミラーレスが一般的なので、一概に本機を小さいとは言えませんが、デジ一を使ってきた身としては実に小さく感じます。レンズのスペックを考えればなおさらです。ホールド感も良いです。

2016

2016

EVFは噂通りの見づらさで、なまじMFが出来るものだからイラッとしますが、古デジ好きの優しい視点で見なおせば、使えなくはないです。慣れですな。やはり好天で背面液晶が使えない時や動体撮影には便利ですよ。発売当時には既に本機より高性能のEVFはありましたから(実際本機もA2からのスペックダウンですしね)、現在の目から見ると惜しいカメラという事になりますね。

2016

2016

 

2016

2016

本機との出会いは、なんてことありません。何でも売ってるamazonさんでの購入です。ゆえに高価でした。通販での古デジは割高感満載です。ただ、徘徊ルートでどうしても見つからないものが、売っているのも事実なので敗北感とともにレジに進むわけです。古デジカメ蒐集をやめた今となっては多少の後悔もありますけどね。しかも、不具合もありました。これは当時から言われていたのかもしれませんが、手振れ補正の不具合で液晶画面が突然ガクガクと揺れ始め止まらなくなります。。今のところ電源オンオフで回復しますけど、気持は良くないですね・・・って10年以上前の商品に突っ込んでも仕方ないですが。

 

2016

2016

撮影結果はDiMAGE 7を体験しているので、物凄く期待していましたが、期待通りの高画質ですな。デジカメの画質の進化は細密性や色の再現など様々な向上がみられますが、現代のカメラと古デジとの一番の違いは高感度耐性ではないかと思います。逆に言うと(何で人は逆に言いたがるのか)低感度であれば、古デジも頑張っている。本機はその典型と言うか決定版というかそんな素晴らしい絵を出してくれます。

 

2016

2016

キューピーちゃん押しの玩具屋さん。。苦手な暗部描写はこんな感じ(サイズが小さいのであまり参考にはなりませんが)。

 

2016

2016

起動、終了、AFの動作はやはりワンテンポ待たされます。これも慣れですね。。

 

2016

2016 TCK

さて、競馬場へも連れて行きましたよ。なんか、一眼レフ要らねぇんじゃねぇかってくらいの良き結果に驚きました。(これは結果として残った画像の良さであって、歩留まりとか、操作性などは、別問題と考えた感想)

 

2016 TCK

2016 TCK

広角から望遠までカバーしているので便利です。私は単焦点好きなのですが、割り切ればズームの利便性は癖になりますね。

 

2016 TCK

2016 TCK

逆光。

 

2016 TCK

スータ 2016 TCK

アドマイヤマックス ? スー(スキャン)の牡馬。スーの長男だからスータなの?可愛すぎます。

 

2016 TCK

2016 TCK

 

2016 TCK

ベストハンター 2016 TCK

タイキシャトル ? エンチャンティング(Bigstone) の牝馬。

 

2016 TCK

ホクトビクトリア 2016 TCK

タイムパラドックス ? ボストンビクトリア(ボストンハーバー)の牡馬。2代目ホクトビクトリア。

 

2016 TCK

ソーメニーティアズ2016 TCK

Mizzen Mast(Cozzene ) ? Clever Timing(Elusive Quality)の牡馬。母方はGone Westなど。

 

2016 TCK

サノザイル 2016 TCK

ソングオブウインド ? デヒアサウンド(デヒア)の牡馬。

 

ボンちゃん 2016 TCK

ボンちゃん 2016 TCK

 

 

2016 TCK

2016 TCK

 

 

2016 TCK

2016 TCK

ビービーシェンロンかナイキスターゲイザだと思うんですけど、この2頭の見分け方を誰か教えて下さい。TCKのフェイスブック発表ではビービーシェンロン。

 

2016 TCK

ディスタントモモ 2016 TCK

アサクサキングス ? ディスタントガール(Distant View)の牝馬。マルカリードの妹。

 

2016 TCK

エディション 2016 TCK

タニノギムレット ? ゲームコンパイラ(メジロライアン)の牡馬。アルマディヴァンの弟。

 

2016 TCK

ブレイドライザー 2016 TCK

キングヘイロー ? マウントオーヒ(ブライアンズタイム)の牡馬。

 

2016 TCK

フレンドシスター 2016 TCK

シニスターミニスター ? エントラップメア(ティッカネン)の牝馬。サンユウシルヴァー 、カリエンニキテス の下。

 

2016 TCK

2016 TCK

 

2016 TCK

2016 TCK

 

2016 TCK

2016 TCK

秒2コマくらいの連写。イケてるかもね。

 

2016 TCK

2016 TCK

DiMAGE A200で競馬。意外と健闘でした。一眼レフの様に数撃ちゃ当たる的な撮影が出来ずに、一枚一枚必死でしたけどねw。。

つづく。。