古デジカメ蒐集を続けていると、必ず起こるのが、いわゆるハズレを引くという事態です。
ジャンクはお店で動作チェックを出来ないケースが殆んどです。その理由は言うまでもなく電源が無いという事。電池が入っているものでも充電が切れしているし、入っていないことが普通です。店側も動作チェックをしていないので、安く出せるという事もあります。ハズレを引いた場合、いくつかの選択肢がありますが、私の場合、ひとつはすみやかに廃棄、ひとつは修復を試みる、ひとつは将来のために保管、ひとつは飾っておく・・・と言った感じ。
FinePix F610の画質の良さから、一気にFinePixのファンになった私がF610の次に拾い上げたのが、今回紹介するF601です。この集古散録では3台目の縦型FinePixとなります。前振りからお察しの通り不動品を拾いました。確保したF601はリサイクルショップの青箱に転がっていたのですが、非常にキレイな個体でカビ臭さもなく満足のいく拾い物だと思ったんです。値段は0.3K。しかし、帰宅後バッテリーを入れてみたところ、うんともすんとも言わない。ハズレの選択肢にしたがって、軽くバラしてしてみましたが、中身もキレイで一見すると不具合は見つけられません。もっとも見て分かるような不具合なんてめったにないから、どこかで断線しているのだろうと思いましたが、電気系統に関してはズブズブの素人なので、手の施しようもなく、かと言って廃棄するにはあまりにもキレイなので、飾っておくという選択肢を選びました。飾っておくというのもカメラの使い方のひとつだと思います。本機のデザインはF610より好みなので良きオブジェです。角のないつるんとしたボディは可愛らしくもあります。そして小さい。飾るにはもってこいなのですが、毎日に眺めている内には、使ってみたいなと思うのは人情ではないでしょうか。修理を請け負うメーカーもなく、新たに購入したくても、そうそう出会えるわけもない。ネットではなおのこと値のつかない機種は取り扱わない。そうして半年近く経った或る日、ついに2台目のF601を発見です。同じリサイクルショップの同じ青箱にビニール袋入りで落ちていました。0.9K。今度はしっかり起動しました。ただ、ビニールに包まれてはいましたが、開けてみると傷だらけ。私の場合、古デジカメには傷が気になるものと、気にならず個性として処理できるものとが存在します。そして、特にデザインが良いものはキレイであって欲しいと考えていいます。2台目を見つけた時には、すでにニコイチにしようと決めていました。

2015

2015

手術台に載せられた2台。最初の機体の筐体と2台目の中身を合わせるのです。

2015

2015

縦型FinePixは分解しやすい機種だと思います。赤外線カメラへの改造も容易に出来そうな感じです。ガワを交換するだけなので、大した出来事もなく無事にニコイチは完成。今更こんな事を試す人も居ないでしょうが、あくまで自己責任で行って下さい。感電の恐れはあるし、完動品でも故障する事もあります。

2015

2015

縦型FinePixはF610が最後の機種なのですが、その一つ前にリリースされたのが本機です。F610は大柄なボディでホールドが大変ですが、本機はコンパクトでストラップなしでも手にすっぽり馴染むデザインになっています。

2015

2015

ただ、コストダウンを図ったモデルなのでしょう。背面は簡略化されています。液晶もひとつ。シンプルではありますが、メニューの階層が深く、露出補正をしようとすると5~6回くらいボタンを操作しなくてはなりません。メニューの画面はアイコンが円形に配されているのですが、これをジョイスティックになっているメニューレバーを、右下とか左下とか方向を変えて入力しないと選択できないのは不便を通り越してイラつく。折角ホールディングが良いのに、その体制を崩さないとならないのはいかにもこなれていないインターフェイスと言えます。アサイン出来るボタンが少ない場合はもう少しテストをして欲しいです。ファームで解決出来るのならば対処して欲しいものです(ジャンクあるあるジョーク)。

2015

2015

しかし、それ以外は概ね良好。AF動作はワンテンポ待たされますが、スナップに不便さは感じません。2002年発売のカメラならば普通という感じ。フラッシュが物理ボタン制御なのは好印象です。

2015

2015

レンズは起動すると例によって広角端ではなく若干標準側に立ち上がります。換算36mm~108mm相当でf2.8~4.5と標準仕様のスーパーEBC フジノン。撮像素子は1/1.7型スーパーCCDハニカム 原色フィルターで310万画素なので600万画素相当。専用バッテリーでスマメ使用。

2015

2015

モノクロはあまり好みではないかな。

2015

2015

カラーは期待通りの美しさで、拾ってよかったです。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

朝日を浴びつつ毛づくろいなニャン。

2015

2015

以前も書いたと思いますが、縦型FinePixは、今にはないデザインということで、私の古デジカメ蒐集の象徴的シリーズとなりました。どの機種より、古デジカメを使っているなと思わせてくれますね。

つづく。

当ブログでは2台めのKodakです。LS755は蒐集晩期に手に入れました。落ちていたのはリサイクルショップ。そのリサイクルショップはジャンクに3段階の展示方法があります。最高ランクはガラスケースにイン(しかも、ガラスケースは開閉自由アンロックで素晴らしいと思っていましたが、つい最近、施錠されてしまいました。何かあったのかなぁ・・残念)。中間レベルがスチール棚にダイレクト。下流階級がお決まりの青箱ごちゃ混ぜ。で、本機は真ん中の展示方法でした。本機とオマケのカメラポーチ(メーカー純正ではない)が、ビニールでグルグル巻きにされて文字通り転がされていました。あぁ、ジャンクの波打ち際に流されてきたんだね。。0.3K。自分の徘徊コースの傾向がそうなっているのかもしれませんが、Kodakのコンデジは私にとって希少な存在となっています。まず出会わないので、多少難があっても拾うというのは、晩期においてのマイルールでした。

2015

2015

地味なデザインです。グリップが一枚板で側面から前面にデザインされているのが、目新しいかな?そのグリップには本来、5.0MEGA PIXELとプリントされています。グリップにプリントするという選択をしたのならば、擦れても落ちにくい印刷をしてほしいのですが、案の定、中途半端にかすれた状態になっていたので、消してしまいました。ゆえにより地味な印象になりましたけど。。それでも、レンズ周りには魅惑の Schneider – KREUZNACH C-VARIOGONの文字。換算36-108mmF2.8-F4.8とごく標準的なレンズ搭載です。

2015

2015

背面はいかにもKodakと言うデザインです。見た目重視。メニューの選択は十字ボタンではなく、スティック形式なのですが、コイツが小さくて、デラ使いにくい。それも、これまで紹介してきたカメラの中で、チャンピオンといえる使いづらさ。しかも、設定を覚えてくれないタイプなので、起動する度に、イライラしながら設定し直すというチャンピオン振りです。

2015

2015

軍艦部にメニューボタンがあるのも珍しいような。左はモードセレクター。撮像素子は1/2.5型の500万画素CCD。専用バッテリーでxD。2004年発売で価格が40k以下というのは、安かったと思いますが、安いなりという感じを受けてしまうのは、操作感の所為かもしれません。あまり意味のないことかもしれませんが、蒐集晩年は撮像素子の大きさにこだわって、1/1.8未満は拾っても仕方がないと敬遠してきましたが、本機はKodakということで回収。しかしながら使用感が、う~むな感じで、実践初登板では残念な印象でした。

2015

2015

Kodakということで発色には期待していたのですが、ヴィヴィッドモードで撮影するも思ったより地味な仕上がりというのが感想です。

2015

2015

 

2015

2015

ただ、グリーンがキレイなんですね。透明感があるというか。

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

1/2.5CCDのモノクロが好きなので、試してみましたよ。

 

2015

2015

 

 

2015

2015

再びカラー。細かい描写は良さ気。ただ、発色の良さというか、大げさな発色がKodakの特徴のひとつだと考えると、物足りなさは感じます。

2015

2015

 

AFの速度とか、精度は特に気になることもありません。普通に使えますね。

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

よく写るという感じです。それも、普通によく写るという印象。でも、Kodakである必要がないと思ってしまうのは、マニアの我儘なんでしょうね。使いづらいんだけど、この写りが欲しいから手放せないんだよね・・・と言わせて欲しかったです。落ち着いた発色のKodakのコンデジが持ちたいという人には良かったのでしょうね。

つづく。。

CX4、RX、DRC-7s、R3、RR、そしてGRと紹介してきて、RICOH は7台目になりました。集める気はなくても、集まってしまうものなのですね(いや、集めてはいるんですがね)。さて、今回はCaplio G4 wideです。

2015

2015

私の所有している中ではRXと似てますね。ただ、厚みはこちらの方があります。RXは2004年3月発売ですが、本機は2003年9月と半年ほど先行しています。この半年が実に大きいのがデジカメの世界ですね。私の所感ですが(てか、それでしか書いてませんが)、機能性ではRXが圧倒しております。G4単独で使用していれば、それなりに早く感じる起動時間も、RXの後では見劣りしてしまいます。AFの速さもしかりで、特にマクロでは大きな差があります。G4はどうしても行って帰ってをしてしまうので、合焦に時間が掛かりますね。少し風が吹いている中で花を撮影しているとイラッとします。。また、ホールド感にも差があり、RXのほうがボディは薄いのですが、前面に引っかかりがある分、楽です。つまりそれだけ半年で弱点を修正してきているんですよね。世の中には改悪されているケースも無いわけではないんで、カタログスペックに含まれない部分での改良というのは地味にファンを作るんじゃないかと思います。

2015

2015

とは言え、G4単独で見れば、つまり未来の機種と比べる無謀を神的立場の著者がしなければ、実によく出来た機種だと思いますね。まずRICOHの象徴のひとつ、ADJ.ボタンの搭載は、この機種からからも知れません。RICOHユーザーなら御存知の通り、このボタンの便利さは画期的だと思います。また、名前が示す通り当時としては、おそらくオンリーワンだった広角35mm換算 28mmはじまりのレンズ搭載ということでも、インパクトがあったのではないでしょうか。

2015

2015

さて、簡単にスペックを見てみると、1/2.7型原色CCD搭載の有効画素数 324万画素。ご自慢のレンズは換算 28~85mmのF2.6~4.3。1cmマクロも可能。ISOは125始まり。燃料は単三2本でメディアはSD。ジャンク拾いには願ってもない内容となってます。

2015

2015

例によって普通のモノクロモードが無いのは残念ですが、出来上がる画はRICOHのそれであります。安心感があります。馬はCanon、スナップはRICOHの時代が長かったもので、やはり愛着が有るのかも知れませんね。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

この写真を撮って一時間後にまたここに来たら、同じようにちんまり寝てました。。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

問題のマクロですが、結果は問題なしですね。

2015

2015

ムラサキはまだ鬼門の時代。

2015

2015

 

2015

2015

 

2015

2015

暗部では、こんな感じ。ノイズのりのりですが、写真ぽいので気にならないかも。モデルは、ねり丸。

2015

2015

オグリとケーキ。

2015

2015

やはり広角は気持ちが良いですな。。新品で購入したGRも良いけど、ジャンクなRICOHも捨てがたいです。ハッキリ写れば良いってもんじゃないんだなと感じさせてくれた1台。とは言えマクロのクッキリ感はお見事でした。。

つづく。