ノムラタイクーン TCK 2013

ノムラタイクーン 2013 TCK

アメリカンボス × ソヤノヒマワリ(ラストタイクーン)の牡馬。鹿毛。抹消。佐藤敏彦厩舎(引退)。生産・新冠町 前川隆範氏。

#0052

アオジャシン 2016 TCK

アオジャシン 2016 TCK

ワイルドラッシュ ? マジックミラージュ(Giant’s Causeway)の牡馬。芦毛。藤田輝信厩舎 (大井)。生産・日高町 下河辺牧場。
オニノシタブルの弟。

#0051

シブキ 2013 TCK

シキブ 2013 TCK

バブルガムフェロー ? タイトルカホー(タイトスポット)の牝馬。

#0050

アンパン 2014 TCK

アンパン 2014 TCK

ウインラディウス ? カナンウララ(プルラリズム)の牡馬。

#0049

2013 TCK

2013 TCK

サラブレッドには名前が付いている。だから馬の写真は個人が特定しやすいようにカラー写真で写すべきだと考えていた。毛色や馬装が分かるようにだ。これは実際どこかで読んだ誰かの文章だったのかもしれないのだが、大いに共感した。だが、此処数年、私の頭の中には「馬も人である」という考えが強くなってきた。上手くは言えないんだが、個として存在しているものに天然色や黒白の区別が必要だろうかと。人がモノクロのポートレイトを写すように、サラブレッドの表現にモノクロを使うことはさほど悪いことではないと思えるようになったのだ。この「馬モノクロ」は、そういう考えのもとに始めたのだった。ぼちぼちそんな写真をアップしていこうかと思っている。実際、競馬場ではモノクロ写真を写している時が何より楽しいのだ。2~3年撮りためた物があるので、お付き合い頂ければ幸いである。

#0048

2016 TCK

2016 TCK

#0047

2014 TCK

2014 TCK

#0046

2014 TCK

2014 TCK

#0045

2015 東京競馬場

2015 東京競馬場

#0044

2014 TCK

2014 TCK

#0043