桜

2012

桜

2012

蒲公英

2012

最近、浅田次郎さんの「鉄道員」を再読したのですが、
収録されているすべての作品に共通する「消えゆくもの」の刹那の美しさと
残されし者の語られていない未来が、今の季節と妙に似合う感じがして、
やはり春は区切りの季節なのだなぁと何の区切りもない私は思った次第。
読書は楽しいですね。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)