不安な夜・・・ガラスの世界・・・遠のく夢・・・とか、
適当な比喩を探す内に、ラビリンスだなとか思うと、
私とラビリンスって無関係過ぎるとか、似合わねぇ~、とか思って、
ちょ~受けるんですけど・・・とか、考えている内に、少しは楽になるのは、
結果、お気楽なのかね。
そんな日々はまだまだ続くけど、今は無理やり余力を生み出してみる。
で、ラビリンスって言葉は、おそらく新井素子さまの「ラビリンス 迷宮」という作品で
初めて知ったのかも。いや、違うかも知れないけど、ラビリンスという響きは、
この作品を必ず思い出すんです、私。
ググると1987年の作品。やはり80年代に育てられたな。。
好きなものを抱いて、未来も抱え込もう。とか、考えると、
私と「抱いて」とか、ちょ~受けるんですけど・・・。となる。。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)